五代友厚 伊達宗城(足跡篇)
Godai Tomoatsu, Date Munenari (Footprints)

愛媛県南部の宇和島を訪れました。宇和海を望む伊達10万石の城下町として栄えた宇和島は、山を越えれば高知、海の向こうはもう九州です。

まず、宇和島城に向かいます。
登城口は2ヶ所ありますが、東北側から入ります。この門は、家老桑折氏の武家屋敷から移築した長屋門だそうです。
ちなみに、五代友厚が所有していた半田銀山は、福島県伊達郡桑折町にありますが、ここは伊達氏発祥の地と言われています。

藩老桑折氏武家長屋門
藩老桑折氏武家長屋門 Koori Nagayamon Gate

天守にに行く前に城山郷土館に立ち寄ります。
弘化2年(1845年)に三之丸に建てられた武器庫を移築したものだそうです。

宇和島城山郷土館
宇和島城山郷土館 Uwajima Castle Shiroyama History Museum

郷土館内には、伊達宗城公はじめ宇和島の偉人・賢人を紹介するパネルが並んでいます。関連資料や書籍もたくさん置いてありました。

伊達宗城
伊達宗城 Date Munenari

宇和島城の天守です。
江戸時代以前からの天守で現存するものは12しかありません。宇和島城はその一つで国指定の重要文化財になっています。
中世には板島丸串城と呼ばれていました。藤堂高虎が自分の居城をここに築城したのが慶長6年(1601年)、その際初めて正式な天守が建てられました。藤堂高虎は築城の名手として誉れ高く、宇和島城は敵の目をくらますために五角形の城郭を四角形に見せかけるよう設計されているそうです。

宇和島城天守
宇和島城天守 Uwajima Castle

宇和島城からの眺めです。
標高約80メートル、360度の眺望です。城下町は、城の東部に商人・職人町、南部に武家町、山麓に寺院を配し、今も街のつくりはほぼ変わっていません。

宇和島城からの眺め
宇和島城からの眺め View from Uwajima Castle

宇和島城の北側、五角形のうち二辺はかつて海に面していました。残り三辺は掘に囲まれていますから、名前の通り「島」のようになっています。

宇和島城下絵図
宇和島城下絵図 Map of Uwajima Castle Town

城山の南側の登城口、上り立ち門から出ました。武家屋敷の正門に用いられた薬医門という形式で、現存する薬医門の中では最大級だそうです。

宇和島城上り立ち門
宇和島城上り立ち門 Gate of Uwajima Caslte

門を出て南に少し進むと宇和島市立伊達博物館があります。このあたりは御殿町といい、藩主伊達家の御殿があった場所です。博物館には、宇和島伊達家の古文書類や武具甲冑、豪華な婚礼調度品などが展示されています。

宇和島市立伊達博物館
宇和島市立伊達博物館 Date Museum, Uwajima

伊達博物館に建っている銅像は、伊達宗城公です。

伊達宗城銅像
伊達宗城銅像 Statue of Date Munenari

博物館の門を出ると目の前の路上に「宗城と西郷隆盛会見の場」という説明板が立っています。慶応3年2月に西郷隆盛が来宇し、京都での四侯会議開催の協力を求めるため伊達宗城と会見したということです。

宗城と西郷隆盛会見の場
宗城と西郷隆盛会見の場 The place where Date Munenari met Saigo Takamori

博物館を含めこの辺り一帯は、宇和島藩主の居館である御浜御殿の跡地で、博物館の西側は天赦公園という広場になっています。

御浜御殿跡
御浜御殿跡 Old Site of Date’s Seaside Palace
御浜御殿跡
御浜御殿跡 Date’s Seaside Palace

7代藩主宗紀は隠居の場所として御浜御殿の一角に大庭園を造り、天赦園と名付けました。幕末の国事斡旋の舞台ともなったといいます。

天赦園
天赦園 Tenshaen Garden

天赦園のすぐそばの建物に「宇和島伊達文化保存会」と「宇和島歴史文化研究会」の表札がありました。
宇和島伊達文化保存会が刊行している伊達宗城公御日記等のシリーズは、現代語訳ばかりでなく、正にかゆいところに手が届くような注釈がついていてすばらしいです。
天赦園の運営もここで行なっているようです。

宇和島伊達文化保存会
宇和島伊達文化保存会 Uwajima Date Cultural Preservation Society

次に、藩主伊達家の墓所に向かいます。
途中西江寺の前を通ると、前原巧山の墓の案内板があったので立ち寄ってみました。前原巧山は、宇和島で蒸気船の建造に着手し成功した人です。薩摩藩に次いで、日本人の手でつくられた2番目の蒸気船でした。

西江寺
西江寺 Seigouji Temple

結局、前原巧山の墓は見つけられなかったのですが、代わりに西園寺公成妻園江之墓を見かけました。西園寺公成(雪江)は伊達宗城の側近で藩の目付、維新後は外国事務掛として五代友厚とともに大阪の川口運上所を取り仕切っていました。西園寺公成自身の墓は東京の谷中霊園にあるようです。

西園寺公成妻園江之墓
西園寺公成妻園江之墓 Grave of Sonoe, Wife of Saionji Kinnaru

辰野川沿いをしばらく歩くと龍華山等覚寺に到着しました。

龍華山等覚寺
龍華山等覚寺 Ryuugezan Toukakuji Temple

龍華山等覚寺は、宇和島の初代藩主伊達秀宗が創建した伊達家の菩提寺です。山門に大きな伊達家の家紋が見えます。藩主の墓は5代、7代、9代のほかはすべてここにあります。5代、7代、9代は、さらに奥に進んだ金剛山大隆寺に葬られています。

龍華山等覚寺
龍華山等覚寺 Ryuugezan Toukakuji Temple

龍華山等覚寺の伊達家の墓所は、東墓所と西墓所に分かれています。東墓所の8代宗城の墓を訪ねます。

伊達家墓所
伊達家墓所 Date Family Grave Site
史跡 宇和島藩主伊達家墓所
史跡 宇和島藩主伊達家墓所 Uwajima Date Family Grave Site

伊達宗城と夫人猶子(益子)の墓です。
宗城の正室猶子は、佐賀藩主鍋島斉直の娘で、薩摩藩11代藩主島津斉彬とは従兄弟同士です。猶子の母幸姫(姚姫)と斉彬の母周子(弥姫)が姉妹というわけです。

伊達宗城及び夫人猶子の墓
伊達宗城及び夫人猶子の墓 Graves of Date Munenari and His Wife Naoko
伊達宗城並びに夫人猶子の略歴
伊達宗城並びに夫人猶子の略歴 Biographies of Date Munenari and His Wife Naoko

宗城公の戒名は「靖国院殿藍山維城大居士」とあります。
明治25年12月20日、東京の邸で逝去しました。75歳でした。東京の谷中霊園にも墓があります。子どもは20人以上いたといいます。

伊達宗城の墓
伊達宗城の墓 Grave of Date Munenari

龍華山等覚寺付近から宇和島城の眺めです。

宇和島城
宇和島城 Uwajma Castle

<足跡>
宇和島城:宇和島市丸之内
宇和島市立伊達博物館:宇和島市御殿町9-14
御浜御殿跡:宇和島市天赦公園
天赦園:宇和島市天赦公園
西江寺:宇和島市丸穂町甲1140
龍華山等覚寺:宇和島市野川甲1157

  いいね Like
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

五代友厚 伊達宗城(2)
Godai Tomoatsu, Date Munenari (2)

宇和郡宇和島絵図
宇和郡宇和島絵図 Map of Uwajima

五代友厚は、元治元年(1864年)末に宇和島藩の伊達宗城に謁見した際、家老の松根図書(紀茂)にも会っている。松根図書は宗城の信任が最も厚かった人物の一人で、藩の経済、殖産興業に重責を担った。文政3年(1820年)生まれで宗城とは2歳違い、宗城は国政に事あれば必ず図書の意見を求めたという。

元治2年1月9日、長崎に戻った五代がか己ち香蔵(川路要蔵とも)の変名で松根図書に送った書簡には、国許より重役が長崎に来て連絡が遅れたことへの詫びと、宇和島訪問時の礼が述べられている。五代は薩英戦争で捕虜になった自分のことを「人面獣心生盗之国賊」といい、宗城がそのような自分に何度も会ってくれただけでなく、腹蔵なく懇話し拝領ものまでもらった、また、図書に対しては暴論愚説を許し腹蔵ない議論をたまわり、御家内様からも懇命を受けたと厚謝している。

さらに、五代は薩摩藩の家老や留学生を率いてのヨーロッパ行きが決まったことを打ち明ける。国許から来ていた重役というのは新納刑部(久脩)のことで、年来の懇友である刑部と潜行の秘策を練っていたという。また、渡欧に向けて次のような気概を語っている。

尤遠行之上ハ西洋諸国ハ勿論、印度地方支那海香港広東福州上海天津北京迄も罷誠、土地風俗兵整之強弱機会利要之得失研究為仕、専貿易整財の理を目前ニ論破いたし、普く蒙昧を為開、来年四五月頃帰郷仕度・・・

当時海外渡航は幕府により禁じられていたから、この洋行はつまりは密航であった。五代は図書に他言せぬよう再三に渡り念押ししている。渡欧を前に五代は、薩摩藩の御用商人山田屋との引き合わせや英国での小銃買い入れ、図書の来崎などについて触れ、これに応じて宇和島藩は2月初めに図書と若松総兵衛その他数名を長崎に派遣した。

留学生の一人町田清蔵(財部實行)の回顧録によれば、五代は航行中香港で宇和島の殿様御用品として金時計を求め、また、マルタでは宇和島公の御姫様の御用品として立派な珊瑚のかんざしを購入したという。

<参考文献>
宇和島・吉田旧記刊行会『宇和島・鹿児島両藩交渉史料「藍山公記」』2005年
大久保利謙監修『新修森有禮全集第4巻』「財部實行回顧談」1994年
三好昌文『幕末期宇和島藩の動向 -伊達宗城を中心に- 第1巻』2001年

  いいね Like

五代友厚 伊達宗城(1)
Godai Tomoatsu, Date Munenari (1)

伊達宗城
伊達宗城 Date Munenari

五代友厚は、文久3年(1863年)の薩英戦争で捕虜となり、解放された後しばらく武州で潜伏生活を送っていたが、翌年正月密かに長崎に戻る。薩摩藩士の野村盛秀(宗七)や川村純義に薩英戦争の際の自らの行動を説明し、世界の大勢をとき、元治元年(1864年)4月頃ようやく青天白日の身となった。時をおかず、富国強兵と英仏への留学生派遣、またその資金の調達方法を述べた上申書を藩に提出するとそれが認められ、元治2年3月に鹿児島羽島から欧州へ向け出発するまでの間、長崎で洋行準備に勤しんだ。

こうした中、五代は元治元年末に宇和島藩へ赴き、第8代宇和島藩主伊達宗城(むねなり)に謁見していたようである。宗城は、当時すでに伊達宗徳(むねえ)に藩主の座を譲っていたが、藩政の実権は相変わらず宗城が握っていた。宗城は文政元年(1818年)生まれ、早くから世界を見据え、洋学の研究を奨励し、自前の砲台や蒸気船を建造させるなど、先覚的な発想と実行力をあわせ持つ賢君であった。五代が渡欧を前に宇和島藩を訪れたのは、洋行のための資金調達を含め、開明派の宇和島藩とつながりを持つことの重要性を考えてのことだろう。また、元治元年には第一次長州征討があり、そういった情勢を探る目的もあったのかもあったかもしれない。

宇和島伊達家は、伊達政宗の庶長子秀宗を藩祖とし、仙台伊達家と血縁でつながっている。宇和島は10万石の小藩ながら、藩主宗城は、薩摩の島津斉彬、越前の松平慶永(春嶽)、土佐の山内豊信(容堂)と並び幕末の四賢侯の一人と謳われた。伊達の血をひく宗城は、倒幕に傾く薩長に同調できず、戊辰戦争でも中立の立場をとったが、維新後は外国事務総督、民部卿、大蔵卿などを歴任し、明治4年(1871年)には欽差全権大臣として清国に赴き日清修好条規を結ぶ大任を果たした。明治の初め、五代は外国事務掛であったから、外国事務総督の宗城は一時五代の直属の上司であったわけである。

<参考文献>
三好昌文『幕末期宇和島藩の動向 -伊達宗城を中心に- 第1巻』2001年

  いいね Like