五代友厚 モンブランの帰国(2)

本牧
本牧付近(武蔵國全圖 1856年) Around Honmoku (Musashikoku Zenzu 1856)

明治2年3月(1869年5月)、シャルル・ド・モンブラン(Charles de Montblanc)は改めて鹿児島を訪れ、12代藩主島津忠義に謁見してナポレオン三世から預かってきた品を贈った。また、この頃長崎のオルトマンス(Ortmans)の家に泊まったといい、1866年に同名の商人が来日したようだから、モンブランが連れてきた商人の一人を訪ねたのかもしれない。モンブランは、明治2年4月27日(1869年6月7日)に鹿児島と思われる発信地から母親へ手紙を送っており、九州滞在はひと月以上に及んだようだ。

ちょうどこの手紙が書かれた頃、五代は新政府の仕事で大阪を離れ、築地梁山泊と呼ばれた東京の大隈重信邸に起居していた。『五代友厚秘史』によると、五代は大隈邸滞在中、横浜の本牧に住んでいたモンブランに会いに行ったという。モンブランは大阪へは戻らず、横浜へ居を移したようだ。モンブランはここでお政という日本人女性と暮らしていた。江戸から呼び寄せた美女もたくさんいて秘密御殿と呼ばれていたらしい。維新前には幕府側の役人もよく来ていたというから、モンブランはかなり前からこの家を維持していたのだろうか。

モンブランは1861年に来日した際、斎藤健次郎(白川健次郎、ジラール・ド・ケンとも)という日本人を伴って帰仏した。斎藤はモンブランの通訳を務めていたが、フランス語が十分とは言えず、自分の出自や経歴について述べることもいい加減であったという。五代も「仏国にて白川の通弁推考仕候処、よひ加減の事を始終申様なる心持ちにて」といったことを手紙に書いている。斎藤は1867年のパリ万博に関わった後、モンブランとともに日本へ戻っていたが、薩摩人の機密を幕府側に漏らした廉で「白川の嫌疑深くなりて大島金鉱探索の為めと称して連出し海没せし」と伝えられる。

明治2年10月、モンブランは日本の樺太境界問題に対し「樺太の事件は日本のみならず欧州各国に大関係あり」と、ロシアとの仲介を英仏両国に求めるよう建言した。明治政府はモンブランに皇国弁理職を仰せ付け、周旋を依頼する。フランスへの帰国が迫っていたモンブランは結局何もしなかったのだが、これを機に築地ホテルに宿泊するようになり、日本政府に高額な宿泊料を払わせていたらしい。

明治2年11月24日(1969年12月26日)、モンブランはついにラ・ブールドネ号(La Bourdonnais)に乗って横浜を出帆した。前田正名という薩摩人がモンブランに随行し同船した。前田はパリでフランス語を学ぶかたわら、モンブランの仕事を補佐したり、日本語を教授するなどしたらしい。前田は幼い頃から洋学を学び、長崎遊学中にヨーロッパから帰国したばかりの五代に出会っている。後に明治政府で殖産興業政策を進めたのも五代の影響が大きかったという。

幕吏田辺太一は、モンブランには奇を好む独特のくせがあったと述べている。モンブランが日本を愛したことは間違いなく、洞察力もあり頭も切れたが、虚栄心が強く一筋縄ではいかない人物であったようだ。五代としては渡欧中はもとより、パリ万博や維新直後の外国人対応で世話になり恩義を感じていたことだろう。しかし、モンブランの振る舞いに藩や政府との板挟みになることも多く、モンブランが帰国して一番安堵したのはひょっとすると五代だったかもしれない。

<参考文献>
ヴァンデワラ ウィリー『旅と政変 : 幕末明治初期を旅行したモンブラン伯 (白山伯)』「日文研叢書43巻」2009年
アジア歴史資料センター『柯太境界談判(外務省外交史料館)』1869年
五代友厚七十五周年追悼記念刊行会『五代友厚秘史』1960年
宮永孝『ベルギー貴族モンブラン伯と日本人』「社会志林47巻2号」2000年

  いいね Like

五代友厚 モンブランの帰国(1)

レオン・ロッシュ
レオン・ロッシュ Léon Roches

維新後、五代友厚が新政府の外国事務局判事として大阪で勤務するようになると、来日以来五代とほぼ行動をともにしていた仏人シャルル・ド・モンブラン(Charles de Montblanc)も大阪に居を定める。仏艦デュプレックス号(La Dupleix)の艦長アベル・デュ・プティ=トゥアール(Abel du Petit-Thouars)によれば、モンブランは初め「港のすぐ近くにある旅籠のような家に住んでいた」が、しばらくすると「今は政府の大きな屋敷に居を定めている」とあり、薩摩藩もしくは新政府がモンブランに家を用意したようだ。

五代が慶応4年4月(1868年)より鹿児島へ一時帰藩することになったが、この間モンブランは大阪に残り、仏公使レオン・ロッシュ(Léon Roches)やプティ=トゥアール、また英公使館の書記官アルジャーノン・ミットフォード(Algernon Mitford)らと頻繁に交流を重ねた。ロッシュは、当初幕府に肩入れしモンブランを敵対視していたが、維新後は方針を変えて新政府に近いモンブランと協力体制を取ることにしたらしい。モンブランは、薩摩藩のみならず自国の外交筋とも良好な関係を築いたことに大いに満足していた。しかし、6月に駐日公使がロッシュからマキシム・ウートレー(Maxime Outrey)に変わると、再び仏公使団はモンブランと距離を置くようになる。1868年11月18日(明治元年10月5日)に母親へ宛てた手紙には、モンブランが「少し心寂しい思いをしていたことも読み取れる」とのことである。

モンブランは明治元年10月1日(1868年11月14日)に、在阪のフランス副領事レック(Leques)を通じて五代に大阪・神戸間電信架設の願書を提出した。五代が滞欧中モンブランと交わした商社設立の契約書に大阪・京都間の「テレガラフ」に言及した箇所があり、それを請願の根拠の一つとしたようだ。『五代友厚秘史』によれば、早春2月に堺へ遠乗りに出かけた五代が偶然レックとモンブランに遭遇し回答を迫られたが、電信はすでに日本政府の手で架設することに決まり機械もイギリスに発注していたため、モンブランには「大阪府で購入する汽船も工場機械などの斡旋を頼むことにし納得させた」とある。

一方、モンブランには、明治元年12月に外国官より仏国博覧会御用につきフランスに派遣する旨の辞令が出ていた。博覧会御用というのは、パリ万博で売れ残った日本出品物の払い下げ業務で、もともと幕府の在仏総領事であったポール・フルリ・エラール(Paul Fleury-Hérard)に託されていたものだが、維新後フルリ・エラールが総領事を解任されモンブランがその職にあったことから、この業務もモンブランが引き継ぐことになったのである。しかし、このときも帰国することなく出発を先延ばしにする。

1869年4月19日付のNerva Marchand et Compagnie社からモンブランの母親宛ての書状によると、モンブランは2ヶ月半前から「一字も紙に記すことができなかった程の重病であった」という。しかし、病名は書かれておらず、モンブラン自身が病気について手紙に記したこともなかったようだ。モンブランは電信架設を却下する旨正式な回答を5ヶ月後に受け取り、ようやくフランスへ帰国する決心をしたらしい。ただし、実際に出国するまでさらに1年近くを要した。

<参考文献>
アベル・デュプティ=トゥアール著 森本英夫訳『フランス艦長の見た堺事件』1993年
ヴァンデワラ ウィリー『旅と政変 : 幕末明治初期を旅行したモンブラン伯 (白山伯)』「日文研叢書43巻」2009年
五代友厚七十五周年追悼記念刊行会『五代友厚秘史』1960年
宮永孝『ベルギー貴族モンブラン伯と日本人』「社会志林47巻2号」2000年

  いいね Like

五代友厚 モンブランと日本(足跡篇)

これまで紹介した中から、シャルル・ド・モンブラン(Charles de Montblanc)が日本で滞在したであろう場所を集めてみました。

戊辰戦争が始まる直前、モンブランは五代友厚らとともに兵庫津に入りました。当時の兵庫と神戸は湊川を境に2つの湾になっていて、明治の開港以降は神戸港が大きく発展しましたが、江戸時代までは兵庫津の方が栄えていました。五代が開聞丸を泊めていたのは兵庫津の方です。

兵庫神戸両港全圖
兵庫神戸両港全圖 Map of Hyogo and Kobe ports, 1880

薩摩藩の浜本陣、畠山助右衛門方小豆屋は地図の数字2です。その隣りの数字3は、長州藩などが利用していた「繪屋」ということです。今の出在家町付近で、この辺りは西国大名たちが参勤交代の際の宿泊や休憩に使った浜本陣が多数ありました。五代も小豆屋に泊まっていました。

兵庫津の浜本陣
兵庫津の浜本陣 Hama-honjin (Subsidiary inns used by Daimyos during the Edo period)

近くに兵庫城跡があります。維新後は兵庫県庁になりました。初代兵庫県知事は伊藤博文です。慶応4年1月に発生した神戸事件の際、ともに外国事務局判事であった五代と伊藤は協力して事件の解決にあたりました。

兵庫城跡
兵庫城跡石碑 Hyogo Castle Ruins

戊辰戦争が始まると、五代は安全のためモンブランを一時イギリス公使ラウダ(John Frederic Lowder)のもとへ送りましたが、その後モンブランは薩摩藩の庇護の元しばらく京都に滞在していたようです。慶応4年2月に天皇謁見のため京都を訪れたフランス公使レオン・ロッシュ(Léon Roches)らは相国寺に滞在しましたが、到着した一行を出迎えたのはモンブランだったといいます。

相国寺総門
相国寺総門 The Main Gate, Shokokuji Temple

京都の薩摩藩邸は複数ありましたが、相国寺の西隣りにあったのが二本松屋敷です。文久2年(1862年)に造られた比較的新しい邸で、幕末維新の重要な政治拠点となりました。現在は同志社大学となっています。

薩摩藩邸跡(二本松藩邸)
薩摩藩邸跡(二本松藩邸)The Monument of the Nihonmatsu Residence of the Satsuma Domain
二本松屋敷説明板
京・薩摩藩邸(二本松屋敷)説明板 The Explanation Board of the Nihonmatsu Residence of the Satsuma Domain

慶応4年の春頃よりモンブランは大阪に住んでいたようです。五代は大阪川口運上所の責任者となり、開港とともに持ち上がった数々の問題を解決するためたいへん忙しくしていました。

川口運上所説明板と大阪開港の地石碑
川口運上所説明板と大阪開港の地石碑

ここは大阪電信発祥の地でもあります。モンブランは、大阪と神戸を結ぶ電信の架設を申請しましたが、「我政府に於て」行う旨五代より回答があり、申請は却下されました。

大阪電信発祥の地碑
大阪電信発祥の地碑 The First Telegraph Station in Osaka

仏艦デュプレックス号(La Dupleix)の艦長アベル・デュ・プティ=トゥアール(Abel du Petit-Thouars)によると「モンブラン氏の家の石段の所で一隻の船がわれわれを待っていた」とあるので、モンブランは海か川の近くに住んでいたようです。外国人が住むことのできる場所は限られていましたので、それは川口居留地であったかもしれません。

川口居留地跡
川口居留地跡 The Monument of Kawaguchi Foreign Settlement

<住所>
浜本陣のあった付近:神戸市兵庫区出在家町
兵庫城跡石碑:神戸市兵庫区切戸町5
薩摩藩邸跡碑(二本松屋敷):京都市上京区岡松町(同志社大学)
相国寺:京都市上京区相国寺門前町(今出川通烏丸東入)
大阪開港の地、大阪電信発祥の地:大阪市西区川口2-9-20
川口居留地跡:大阪市西区川口1-5-19 (本田小学校北西角)

  いいね Like