五代友厚 長崎海軍伝習所(足跡篇)
Godai Tomoatsu, Nagasaki Naval Training Centre (Footprints)

長崎海軍伝習所ゆかりの場所を訪ねて、長崎港付近を歩きました。

I walked around the port of Nagasaki to see the traces of Nagasaki Naval Training Centre where Godai Tomoatsu studied western style science and technology from 1857 to 1858.

長崎市江戸町の長崎県庁です。

長崎県庁
長崎県庁 Nagasaki Prefectural Office

正門を入ってすぐ右手に石碑が見えます。長崎海軍伝習所跡などの碑

ここに五代友厚らが学んだ長崎海軍伝習所がありました。海軍伝習所奉行所西役所跡

海軍伝習所は長崎奉行所の西役所に設けられたので、その跡でもあります。奉行所になる前はイエズス会本部がありました。長崎で一番大きな教会でしたが、慶長19年(1614年)のキリシタン禁教令により破壊されました。

県庁前の交差点付近に海軍伝習所などの説明板と復元された明治時代の黒いポストがあります。残念ながら奉行所西役所跡の県庁は近く移転予定とのことです。

長崎県庁前の説明板とポスト
長崎県庁前の説明板とポスト The Explanation Board and the Black Post near the Nagasaki Prefectural Office

海軍伝習所跡から県庁坂と呼ばれる坂道を下って海側へ少し歩くと、旧長崎警察署の前に南蛮船来航の波止場跡の碑があります。

南蛮船来航の波止場跡
南蛮船来航の波止場跡 The Monument of Old Port of Nagasaki

現在の港は、埋め立てが行われてもっと先ですが、昔はこのあたりが海岸線であったことがわかります。

港に向かう途中、大波止の電停前に文明堂総本店がありました。明治33年創業だそうです。

文明堂総本店
文明堂総本店 The Bunmeido Castella main shop

長崎港です。16世紀からオランダや中国との交易で栄え、鎖国時代は日本で唯一海外へ門戸を開いていた港です。

長崎港モニュメント
長崎港モニュメント The Port of Nagasaki

海軍伝習所の練習船であった観光丸が復元され停泊しています。マストは3本、船体の左右に外輪が見えます。

観光丸
観光丸 Kankomaru, The Soembing

新・観光丸は、長崎港周辺を巡る観光船となっていて乗船も可能です。クルーズ中は観光丸や長崎の歴史について大変丁寧な説明があります。

観光丸の煙突
観光丸の煙突 Funnel of Kankomaru

観光丸プレートこの船はドラマ撮影に使われたこともあるそうです。

観光丸内部
観光丸内部 Inside of the Kankomaru ship

出航前に大砲のデモンストレーションがありました。

大砲デモンストレーション
大砲デモンストレーション Demonstration of Old Cannons

出島は今や長崎港と地続きになっています。出島の北側から扇のかたちの一部を望むことができます。

出島の北側
出島の北側 North side of Dejima

出島の入口です。長崎さるくのマスコットさるくちゃんもいます。「さるく」とは、長崎弁でまちをぶらぶら歩くという意味だそうです。

出島和蘭商館跡
出島和蘭商館跡 Dejima Dutch Trading Post and Museum, Nagasaki

出島で最も大きな建物であるカピタン部屋です。

カピタン部屋
カピタン部屋 Chief Factor’s Residence

カピタン部屋2階にある涼所。カピタン部屋でも海を間近にのぞめるのはこの場所だけだったようです。今は向かいの建物しか見えませんが。

カピタン部屋の涼所
カピタン部屋の涼所 The Balcony of the Kapitan Room

一番船船長の部屋。和洋折衷です。

一番船船長の部屋
一番船船長の部屋 TFirst Ship Captain’s Quarters

日本人役人の詰所である乙名部屋です。

乙名部屋
乙名部屋 Japanese Official’s Office

住友別子銅山の棹銅入箱。ひと箱60キログラムで、輸出用に出島に運ばれ銅蔵に保管されていました。銅は日本の重要な輸出品で、五代友厚書簡にも、蒸気船の代金を現金のほか銅で支払う旨書かれているものがあります。

棹銅入箱
棹銅入箱 Storage Boxes of Copper Bars

出島で使われていた襖紙です。これらを含め、当時の様子を再現するため調査に調査を重ね、非常な努力で復元作業を進めているそうです。

出島の襖紙
出島の襖紙 Fusuma Paper of Dejima

出島を再現した15分の1のミニチュアもあって、全体の様子がよくわかります。それにしても、この島内だけで暮らすのはさぞや窮屈だったろうと思います。安政4年に自由に長崎の町を歩けるようになった際のオランダ人たちの喜びはいかようだったでしょう。

出島の模型
出島の模型 Miniature Dejima
出島案内図
出島案内図 Dejima Guide Map

陸続きとなって一度は消えた出島と長崎の町を結ぶ橋も復元されようとしていました。

出島表門
出島表門 Dejima Main Gate
出島付近
出島付近 Near Dejima

<住所>
海軍伝習所及び長崎奉行所西役所跡:長崎市江戸町2-13(長崎県庁本館)
南蛮船来航の波止場跡:長崎市江戸町2-13(長崎県庁第3別館、旧長崎警察署)
観光丸:長崎市元船町17-3 長崎港ターミナルビル
出島:長崎県長崎市出島町6-1

1 いいね Like

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

五代友厚 長崎海軍伝習所(2)
Godai Tomoatsu, Nagasaki Naval Training Centre (2)

観光丸
観光丸 The Soembing

安政2年12月(1856年1月)、長崎海軍伝習所の開所と同時に日蘭和親条約が結ばれ、オランダ人は自由に長崎の町を歩けるようになった。安政5年7月(1858年8月)に日蘭修好通商条約が締結されてからは日本人も出島に出入りできるようになり、熱心な伝習生はオランダ人教師団の宿所があった出島に自ら出向いて補習を受けたという。

伝習のために使われた最初の実習船は、オランダから献呈されたスムービング号(Soembing)で日本名を観光丸といった。その後、幕府がオランダに注文していたヤパン号(Japan)をホイセン・ファン・カッテンディーケ(Huyssen van Kattendyke)が長崎まで回航し、咸臨丸(かんりんまる)と改名されて新たな練習船となった。咸臨丸は万延元年(1860年)に太平洋を横断してサンフランシスコまでの練習航海を行なっている。

伝習生は海上で蒸気船の運用術や機関術を身につけると同時に、教習所で航海術、測量、数学などの諸科学を学んだ。教習所がおかれた長崎奉行所西役所は、そのすぐ西側が港、南側の橋の向こうは出島という立地である。伝習所総督永井尚志はここに居住し、伝習生たちの宿舎も用意されたが、宿舎はおそらく幕府から派遣された正規生のためのものであろう。聴講生は各藩屋敷などに起居していたようだ。

海軍伝習所の授業はオランダ語で行われたため幾人もの通訳が集められ、その中に岩瀬公圃や本木昌造がいた。五代友厚は後に岩瀬公圃と小菅修船場や弘成館の仕事をともにし、本木昌造とは大阪活版所をおこす。医学伝習生松本良順とも出会い、五代が薩英戦争で捕虜になり東京に潜伏したとき世話になる。

藩主島津斉彬の逝去にともない、五代は安政5年10月(1858年11月)に帰国を命じられ、いったん鹿児島へ戻った。安政4年2月から約1年9ヶ月の長崎滞在であった。

Godai Tomoatsu studied at the Nagasaki Naval Training Centre from 1857 to 1858, under the instruction of Pels Rycken and Huyssen van Kattendyke who were the Dutch Navy officers.

<参考図書>
カッテンディーケ著 水田信利訳『長崎海軍伝習所の日々』1964年
宮本又次 『五代友厚伝』 1980年
藤井哲博『長崎海軍伝習所』1991年

  いいね Like

五代友厚 長崎海軍伝習所(1)
Godai Tomoatsu, Nagasaki Naval Training Centre (1)

長崎海軍伝習所絵図
長崎海軍伝習所絵図 陣内松齢 The Nagasaki Naval Training Centre by Jinnouchi Shourei

安政2年12月(1856年1月)、幕府はオランダに発注した軍艦の乗組員養成のため、また長い目で見れば海軍兵学校教育のため、長崎に海軍伝習所を開く。日本側の伝習所総督は目付・永井尚志、教育団長はオランダ海軍のペルス・ライケン(Pels Rycken)大尉であった。

五代友厚は、開明的な藩主島津斉彬の下、安政4年(1857年)より海軍伝習所へ遊学する機会に恵まれる。その後、大阪に移るまでのほとんどの期間を長崎で過ごす。五代が長崎に到着したのは二期目の幕府伝習生が入所し、教育団長がライケンからホイセン・ファン・カッテンディーケ(Huyssen van Kattendyke)に交代するときで、その滞日中のカッテンディーケの日記が残っている。残念ながら五代に関する記述はないが、伝習生の様子やオランダ人から見た日本の印象などが細かく記されていて興味深い。

海軍伝習所の正規生である幕臣関係の伝習生は、勝海舟はじめ榎本武揚、松本良順など多いときで40名ほどが学んでいた。また、各藩から聴講生も受け入れることになり、その数130名前後であったという。佐賀藩と福岡藩の人数が最も多く、薩摩藩からは五代友厚、税所篤、河村良純など20名ほどが派遣されていた。

伝習所の開所式においては、総督永井尚志が礼服を着用した伝習生を率いて出島に赴き、日本式に入門の式を行ったという。服装は、「稽古始めの日は、熨斗目(のしめ)麻上下、平日は略服、かつ、伊賀袴相用い候ても苦しからず候事」と定められていた。

Godai Tomoatsu was sent to Nagasaki in 1857 to study at the Nagasaki Naval Training Centre, which was opened by the Tokugawa Shogunate, under the support of the Dutch instructors.

<参考図書>
勝海舟著 勝部真長編『勝海舟全集12〔海軍歴史I〕』1978年
カッテンディーケ著 水田信利訳『長崎海軍伝習所の日々』1964年
藤井哲博『長崎海軍伝習所』1991年

  いいね Like