五代友厚 城ケ谷(足跡篇)
Godai Tomoatsu, Jougatani (Footprints)

五代友厚が生まれた鹿児島の城ケ谷付近を歩きました。現在は長田町となっています。

I walked around Jougatani, Kagoshima where Godai Tomoatsu was born in 1862.  This area is now called Nagata-cho.

鹿児島市電の水族館口です。水族館は桜島フェリー乗り場近くの海に面した場所にありますが、水族館とは反対の山側へ向かいます。

水族館口電停
水族館口電停 Suizokukan-guchi Station, Kagoshima

しばらく歩くと右手に長田中学校が見えてきました。ここはかつて琉球館のあった場所です。琉球館は琉球国や中国との貿易をつかさどる役所で、大久保利通の父利世もここに勤務していたことがあるそうです。長田中学校の前の道路は、江戸時代には海につながる水路でした。

長田中学校
長田中学校(琉球館跡) Nagata Junior High School (Ryukyu Hall), Kagoshima
琉球館跡
琉球館跡 Old Site of Ryukyu Hall

長田中学校となる前、ここは鹿児島高等商業学校でした。写真の左側に国道10号線の陸橋が見えます。鹿児島の五代友厚像は、現在泉公園にありますが、元はこの長田陸橋にたっていました。

鹿児島高等商業学校跡
鹿児島高等商業学校跡 Old Site of Kagoshima Economics Tertiary College

国道10号線の信号を渡った先に最大乗院という真言宗のお寺があります。清水城の跡地にあった大乗院が廃仏毀釈で破壊されたため、ここに再興したものだそうです。五代友厚が慶応3年に拝領した屋敷は、清水の大乗院の近くにありました。

最大乗院の石門
最大乗院の石門 Stone Gate of Saidaijoin Temple, Kagoshima
南無大師遍照金剛
最大乗院 Saidaijoin Temple, Kagoshima
最大乗院本堂
最大乗院本堂 Main Hall of Saidaijoin Temple, Kagoshima

本堂はさほど大きくありませんが、境内には古くりっぱな石仏が多数、しかし雑然と置かれています。もともと大乗院にあった石仏だそうです。

弘法大師修行像
弘法大師修行像 Statue of Kobo-daishi at Saidaijoin Temple, Kagoshima
最大乗院の石像
最大乗院の石像 Stone Statues at Saidaijoin Temple, Kagoshima
最大乗院の石像
最大乗院の石像 Stone Statues at Saidaijoin Temple, Kagoshima

大乗院は、島津家の尊崇厚い寺院でした。

最大乗院の石灯籠
最大乗院の石灯籠 Stone Lantern at Saidaijoin Temple, Kagoshima

最大乗院近くの踏切を渡り、坂を登っていきます。

長田町の踏切
長田町の踏切 Level Crossing, Nagata-cho

三叉路に五代友厚誕生地まで350メートルという標識がありました。椋鳩十の家もこの辺りにあったようです。矢印に従い、谷筋の細い道をしばらく進みます。

五代友厚誕生地案内板
五代友厚誕生地案内板 Guide Sign of Godai Tomoatsu Birthplace

五代友厚誕生地に到着しました。辺りは静かな住宅地です。

五代友厚誕生地
五代友厚誕生地 Godai Tomoatsu Birthplace

休憩所、ベンチ、水飲み場、トイレ完備。五代邸はかなり広かったことがわかります。

五代友厚誕生地
五代友厚誕生地 Godai Tomoatsu Birthplace

旧薩藩御城下絵図には「五代競太 三百五拾七坪」と書かれています。競太は、友厚のお兄さんの名前です。長男で徳夫とも呼ばれます。

五代競太邸
城ケ谷五代邸(旧薩藩御城下絵図) Godai’s Residence in Jougatani

五代友厚誕生地の石碑自体は昭和46年(1971年)から路上に設置してありましたが、平成28年(2016年)に多目的広場として整備した際、広場内に移設したそうです。碑は五代友厚が初代会頭を務めた大阪商工会議所の方向を向いてます。石碑下の石張りは、五代の名にちなんで五角形になっているそうです。

五代友厚誕生地石碑
五代友厚誕生地石碑 Monument of Godai Tomoatsu’s Birthplace
五代友厚誕生地石碑 裏
五代友厚誕生地石碑 Monument of Godai Tomoatsu’s Birthplace
大阪商工会議所プレート
大阪商工会議所の方向を示すプレート Sign indicating direction of Osaka Chamber of Commerce and Industry
士魂商才
五代友厚誕生地説明板 Explanation Board of Godai Tomoatsu Birthplace

当時の面影が残っているのは石垣ぐらいでしょうか。いわゆるたんたど石というものだと思います。意外にやわらかいです。

五代友厚誕生地の石垣
五代友厚誕生地の石垣 Stone Walls, Godai Tomoatsu Birthplace

城ケ谷はシラス台地の谷間にあり、両壁は切り立った崖と竹やぶです。友厚の号「松蔭」を思わせる松はもうありませんが、あずまやの蔭でゆっくり当時に思いを馳せることはできそうです。

五代友厚誕生地のあずまや
五代友厚誕生地のあずまや Chickee at Godai Tomoatsu Birthplace

来た道をさらに西へ進み、夏蔭城を目指します。

城ケ谷
城ケ谷 Jougatani

昔の地名である「城ケ谷」が、公園の名前に残っていました。
公園の四つ辻を右(北)に曲がって草牟田小学校の方向に歩きます。城ケ谷公園を左手に見ながらそのまま坂を登っても夏蔭城の山頂に出るようですが、今回は広い道を行くことにします。

城ケ谷公園
城ケ谷公園 Jougatani Park

草牟田小学校の南東角まで来ると四叉路になっています。一番左側(南側)の山道を進みます。

夏陰城へ続く道路
夏陰城へ続く道路 Road to Natsukage Caslte

「通り抜けできません」の文字に一瞬ひるみますが、車が通り抜けできないだけなので、人が歩いていく分には問題ありません。

通り抜けできません
夏陰城へ続く道路 Road to Natsukage Caslte

坂を登り階段を登り、だんだん眺めがよくなっていきます。

草牟田小学校
草牟田小学校 Kusamuta Primary School

段々畑のようにいくつもの展望台があります。昔は見張り台だったのでしょうか。

夏陰城跡
夏陰城跡 Old Site of Natsukage Castle

夏陰城跡説明板

夏蔭城址の石碑です。

夏蔭城址石碑
夏蔭城址石碑 Monument of Natsukage Castle

山を登り切るとこのような眺めに出会えます。
郷中教育では、山坂達者といって山野を駆け巡って心身を鍛えたそうです。夏蔭城は山坂達者にうってつけの場所だったに違いありません。

夏蔭城からの眺め
夏蔭城からの眺め View from Natsukage Castle

来た道を戻り、再び五代友厚誕生地の前を通ります。

五代友厚誕生地
五代友厚誕生地 Godai Tomoatsu Birthplace

りっぱな石垣です。きっと江戸時代のままでしょう。五代友厚の兄徳夫(競太)が家を継いでここに住んでいましたが、屋敷は明治10年(1877年)の西南戦争で燃えてしまったようです。

五代邸石垣
五代友厚誕生地石垣 Stone Walls, Godai Tomoatsu Birthplace

現在は城ケ谷の名前は消えて長田町となっています。近くに神社があり、そこはもと福ケ迫諏訪神社と呼ばれていましたが、明治2年に改称され長田神社となりました。この神社の名前が地名に取り入れられたのかもしれません。

長田町31番

五代友厚誕生地と椋鳩十旧居の標識があった三叉路をそのまままっすぐ進んだすぐ先に、横山安武・森有礼成育之地の標柱があります。横山安武と森有礼は実の兄弟です。五代友厚の家とは本当にご近所と言えます。

横山安武・森有礼成育之地
横山安武・森有礼成育之地 Yokoyama Yasutake & Mori Arinori Birthplace

もと来た道に戻り、踏切の手前を城山の方向(西)に曲がると西郷隆盛終焉之地があります。西南戦争最後の日、西郷隆盛らはこの岩崎谷を駆け下り力尽きたといいます。

西郷隆盛終焉の地
西郷隆盛終焉の地 Place of Takamori Saigo’s Death
南洲翁終焉之地
南洲翁終焉之地 Memorial Stone of Takamori Saigo
西郷隆盛終焉の地説明板
西郷隆盛終焉の地説明板 Explanation Board of Saigo Takamori’s Last Words

岩崎谷の鹿児島本線の線路沿いをしばらく歩くとトンネルが見えます。トンネルの入口に、西郷隆盛座右の銘「敬天愛人」の扁額が掲げられています。

敬天愛人
敬天愛人の扁額 “Keiten Aijin”

ここらで温泉に。西郷隆盛終焉之地の隣りによい温泉がありました。

湯乃山温泉のぼり
湯乃山温泉 Yunoyama Onsen
湯乃山温泉
湯乃山温泉 Yunoyama Onsen

<住所>
琉球館跡(長田中学校):鹿児島市小川町3-10
最大乗院:鹿児島市長田町2-23
五代友厚誕生地:鹿児島市長田町31
城ケ谷公園:鹿児島市長田町35
鹿児島市立草牟田小学校:鹿児島市城山2-3-1
夏蔭城跡:鹿児島市長田町36
横山安武・森有礼成育之地:鹿児島市長田町21
西郷隆盛終焉之地:鹿児島市城山町12
JR鹿児島本線トンネル口(敬天愛人の扁額):鹿児島市城山町16
湯乃山温泉:鹿児島市城山町12-1

  いいね Like

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

五代友厚 城ケ谷(2)
Godai Tomoatsu, Jougatani (2)

城ケ谷五代邸
城ケ谷五代邸(旧薩藩御城下絵図) Godai’s Residence in Jougatani

五代友厚が生まれ育った城ケ谷は、鶴丸城の北側、岩崎谷よりさらに奥の谷筋にある。明治時代に入り付近は長田町となった。鹿児島城下には方限(ほうぎり)という区割りがあり、各方限には郷中という教育組織があった。方限は30ほどに分かれ、城を中心に以東を上方限、以西を下方限と大別し、城ケ谷や冷水、清水馬場などは上方限にあった。下方限は加治屋町はじめ、新屋敷、西田、八幡荒田などである。

後に初代文部大臣となった森有礼は、春日神社近くで生まれ、城ケ谷の五代の邸のすぐ近くで育った。森は慶応元年(1865年)に薩摩藩留学生として五代らとともに渡英し、五代死後の事業整理にも関わった。五代より11歳年少であったが、二人は手紙のやり取りも多く、ときに忌憚なき意見を交わしている。こうした結びつきは同じ方限にあったことと無関係ではなかろう。

また、五代と黒田清隆が同じ方限で、これが北海道開拓使官有物払下げにおける癒着を生んだ所以という説もあるが、黒田清隆の生誕地は新屋敷である。新屋敷は西郷隆盛や大久保利通が住んでいた加治屋町の東隣りで、城ケ谷とはずいぶん離れている。五代と黒田が同じ郷中方限であった可能性はほとんどないだろう。

城ケ谷の西は夏蔭城である。夏蔭の名は、楠の大木が茂る暑さ知らずの高凉地であったことに由来する。城や砦はなくとも城山攻防の要所であったので、いつしか夏蔭城と呼ばれるようになった。明治10年(1877年)の西南戦争で西郷軍が砦としていた夏蔭城は激しい攻撃にあい、友厚の兄徳夫が住んでいた城ケ谷の邸も兵火に焼かれたという。

<参考文献>
鹿児島縣『鹿児島縣史 第二巻』1940年
宮本又次『五代友厚伝』1980年

  いいね Like

五代友厚 城ケ谷(1)
Godai Tomoatsu, Jougatani (1)

五代氏系図
五代氏系図 Godai Family Tree(五代友厚伝記資料 第四巻)

五代友厚は、天保6年12月26日(1836年2月12日)、五代直左衛門秀堯(ひでたか)とやす子の次男として薩摩国鹿児島郡城ケ谷に生まれた。兄は徳夫、姉は廣子、妹は信子といった。友厚の幼名は徳助、または才助といい、才助は薩摩藩主島津斉彬により命名されたという。才助といわれるほどに明敏で俊才な子どもだったのだろう。

友厚を名乗るようになったのは五代が30代後半になってからである。明治初年に新政府から交付された辞令はすべて才助であり、明治5年(1872年)に五代が大阪鹿児島県出張所に宛てた書類にもまだ才助と署している。書簡や書類に友厚の名が出てくるのは、弘成館を創設した明治6年頃からのようだ。号は松蔭で、これは城ケ谷の邸に松の木が多かったためとも伝えられる。

五代氏家譜を見ると、その名前のほとんどに「友」の字が含まれており、友厚の名もこれ倣ったものだろう。兄の徳夫は友健という。天保10年(1839年)には父秀堯が徳夫のことを友健と呼んでおり、このとき徳夫は10代であったはずなので、もしかすると友厚の名ももとより早い段階で決まっていたのかもしれない。

五代家の祖先は島津家と同じ惟宗姓で、北条時政の時代に惟宗康友が川内にある新田宮の執印職ならびに五大院院主職に補任され、康友の子孫がそれぞれ執印氏、五代氏を名乗るようになったと言われる。五代家は、古くは小田原征伐や朝鮮の役、関ヶ原の戦いなどで手柄を立てるなど武勇をもってなる家柄といい、家格も禄高も高い方であった。

<参考文献>
日本経営史研究所編『五代友厚伝記資料 第一巻』1971年
日本経営史研究所編『五代友厚伝記資料 第四巻』1974年
宮本又次『五代友厚伝』1980年
産経ニュース『歴史のささやき 五代家が模写した世界地図』2016年12月2日http://www.sankei.com/region/news/161202/rgn1612020034-n1.html

  いいね Like