五代友厚 長崎海軍伝習所と山川港(足跡篇)
Godai Tomoatsu, Nagasaki Naval Training Centre and Yamakawa Port (Footprints)

鹿児島の山川港からすぐの場所にある五人番所跡と鰻温泉を訪ねました。

I visited the old site of “Goninbansho” coast guard station and the hotspring of Unagi area.

五人番所跡の入口です。
国道269号を指宿から山川港へ向かう途中、JR指宿枕崎線の高架を通り過ぎてすぐのところに標識が立っています。ちなみに国道269号は、指宿から海上を渡って宮崎まで北上する道です。

五人番跡碑
五人番跡碑 Monument of Goninban

坂道を下り海の方へ向かいます。木や草が生い茂っていますが、道はしっかりついています。

五人番所跡
五人番所跡 Old Site of “Goninbansho” Coast Guard Station

海が見えました。
このあたりは大渡海岸といいます。錦江湾に入ってくる船を見張るには絶好の場所です。異国船の侵入を防ぐため5人体制で見張りをしていたところから、五人番所と呼ばれたそうです。薩英戦争の際も、いち早くイギリス艦隊の通過を知らせたといいます。

五人番所跡から見た海
五人番所跡から見た海 Sea View from the Old Site of “Goninbansho” Coast Guard Station

沖に赤い灯台が見えます。五人番所と山川港のちょうど中間あたりに小さな島があり、そこに建てられた灯台です。

五人番所跡から見た海
五人番所跡から見た海 Sea View from the Old Site of “Goninbansho” Coast Guard Station

さらに向こうに見える白い灯台は、山川港の突端に建てられたものです。江戸時代、船の出入りを改めるための津口番所が置かれていた場所です。五人番所と津口番所には砲台が設置され、いざというときは挟み撃ちで攻撃できるようになっていました。

五人番所から見た津口番所付近
五人番所から見た津口番所付近 Old Site of Tsuguchi-bansho viewed from Gonin-bansho

琉球との関係をあらわす記念碑がいくつか建てられていました。番所跡の石碑もあるようですが、このときは見つけられませんでした。

五人番所跡の石碑
五人番所跡の石碑 Monument at the “Goninbansho” Coast Guard Station
五人番所跡の石碑
五人番所跡の石碑 Monument at the “Goninbansho” Coast Guard Station
琉球人瀬
琉球人瀬 Monument at the “Goninbansho” Coast Guard Station

石垣は当時のままのものかもしれません。
五人番所には、樹齢300年といわれるアコウの巨樹が生えていましたが、平成16年の台風で倒れ、現在は指宿の濱崎太平次公園に移植されているということです。山川港には、濱崎太平次の船も当時多数繋留されていたはずです。

五人番所跡
五人番所跡 Old Site of “Goninbansho” Coast Guard Station

山川港を経由して、鰻温泉まで行きました。
西郷隆盛は幾度もこの地を訪れ、特に西南戦争前の明治7年にはひと月ほど滞在して湯治と狩猟の日々を過ごしたといいます。写真に写っている犬の案内板の「さわ」は、西郷隆盛が連れてきた猟犬のうちの一匹でしょう。

鰻温泉とさわ
鰻温泉とさわ Unagi Hotspring and Dog Sawa
鰻地区あれこれ
鰻地区あれこれ Explanation Board of Unagi Area

鰻池です。
池といっても巨大です。地図で見たところ、山川港の湾より大きいです。周囲約4キロ、水深は約60メートルもあるそうです。鰻池の西隣りには池田湖がありますが、こちらは周囲約15キロで九州最大の湖です。鰻池も池田湖も火山の噴火でできたカルデラ湖です。

鰻池
鰻池 Unagi Pond

この湯気が立った石積みは、高温の噴気を利用して食材を調理することができる「スメ」と呼ばれるかまどです。自治会が管理しているスメなので、一般の人でも利用できます。各家庭にも備えてあり、日常の煮炊きに利用されるほか、乾燥室や暖房として利用する場合もあるそうです。

スメ
スメ “Sume” Steamer

卵、さつまいも、野菜類の調理可、時間のかかる食材は別のスメを利用するようにと書いてあります。

スメ利用上の注意事項
スメ利用上の注意事項 Usage Guide of Sume

西郷隆盛が逗留していた福村市左衛門という方のお宅があった場所です。福村家には、滞在のお礼にと西郷が置いていったシャツが残されているそうです。佐賀の乱に敗れた江藤新平が訪ねてきたともあります。

西郷南洲翁逗留の家
西郷南洲翁逗留の家説明板 Explanation Board of Saigo Takamori and His Lodgings

記念碑と西郷隆盛の石像がありました。

西郷南洲翁逗留の家
西郷南洲翁逗留の家 Monument of Saigo Takamori
西郷南洲翁逗留の家記念碑
西郷南洲翁逗留の家記念碑 Monument of Saigo Takamori
西郷南洲翁逗留の家記念碑
西郷南洲翁逗留の家記念碑Monument of Saigo Takamori

ここの西郷さんもやはり犬を連れています。この鰻温泉にも10匹以上の犬を連れてきていたそうです。

西郷隆盛像
西郷隆盛像 Statue of Saigo Takamori

どこを向いても白い噴気が立ち上っています。地球は生きていると感じられる場所です。

鰻地区
鰻地区 Unagi Area

区営鰻温泉に立ち寄りました。たいへん泉質のよい硫黄泉です。

鰻温泉
鰻温泉 Unagi Hotspring

ここにもやはり西郷さんがいました。

西郷隆盛肖像
西郷隆盛肖像 Portrait of Saigo Takamori

<住所>
五人番所跡:指宿市十二町大渡
鰻温泉スメ広場:指宿市山川成川
西郷南洲翁逗留の家:指宿市山川成川
区営鰻温泉:指宿市山川成川6517

  Like

五代友厚 長崎海軍伝習所と山川港(2)
Godai Tomoatsu, Nagasaki Naval Training Centre and Yamakawa Port (2)

四ッ谷内藤新宿
草鞋を履く馬(歌川広重『名所江戸百景』四ッ谷内藤新宿) A Horse Wearing Straw Sandals (Utagawa Hiroshige)

安政5年3月(1858年4月)、咸臨丸(原名 Japan)で鹿児島を訪れた長崎海軍伝習所の教育団長ホイセン・ファン・カッテンディーケ(Huyssen van Kattendyke)は、山川の様子を次のように記している。

開聞岳という火焔を吐いている山が、日本のほとんど最南端に当たる大きな湾の入口を扼して聳えている。(中略)港から近い所に、硫黄温泉があって、浴客で繁昌しているらしい。(中略)我々は午後中、その付近を散歩したが、眼前一面に展開する景色の美しさに、ただただ恍惚となるばかりだった。見渡す限り一面田圃で、その間に小森や小川が点在している。(中略)私は在る製油工場へ行ってみた。油は菜種の実から製造されているが、その方法は我々のものと殆ど同じである。私は一頭のすこぶる大きな美しい馬を見つけ、(中略)私はそれが欲しくて、ついには買ってはみたが(中略)この馬を運ぶのは随分無理である。

開聞岳は当時は噴火していたのだろうか。硫黄温泉というのは、西郷隆盛が東京から帰郷後に滞在していた鰻温泉のことである。長崎海軍伝習所は、航海術や砲術、算術などを教える傍ら騎馬の時間を設けていた。五代友厚も乗馬を好み、下野後は名馬ありと聞くと金銭を惜しまず購入したという。五代宛に馬の拝借を願う手紙も多く残っている。カッテンディーケによれば、当時、日本の馬は人間と同じように草鞋を履いていたらしい。

咸臨丸は鹿児島からの帰路、島津斉彬の招きで再び山川へ入港する。オランダ人士官らは一人一人招かれて様々な談話を交わしたといい、カッテンディーケは次のようなことも記している。

山川港で藩候は我々のために大掛かりな漁撈をやらして見せたが、実に雑多な種類の魚が莫大に捕獲された。そのとき残念に思ったことは、我々が魚類学者を伴れていないことだった。(中略)また藩候からの賜り物だといって、数箱の菓子と若干の煙草が船に届けられた。

咸臨丸は、同年5月(1858年6月)に再び山川を経由して鹿児島へ来航した。梅雨時であったせいか滞在中ずっと雨が降り止まなかったという。2ヶ月後の7月16日(1858年8月24日)、島津斉彬が急死し、五代友厚ら長崎海軍伝習所で学んでいた薩摩藩士は帰国を命じられる。

<参考文献>
カッテンディーケ著 水田信利訳『長崎海軍伝習所の日々』1964年
公爵島津家編輯所編『薩藩海軍史 上巻』1928-1929年
宮本又次 『五代友厚伝』 1980年

  Like

五代友厚 長崎海軍伝習所と山川港(1)
Godai Tomoatsu, Nagasaki Naval Training Centre and Yamakawa Port (1)

山川港
山川港 Yamakawa Port (三国名勝図会 Sangoku-meishou-zue)

鹿児島の山川港は、切り立った火口壁に囲まれ波が入りにくく、荒天時も穏やかで天然の良港として古くから知られていた。海が深く大型船の碇泊できる。中世には南蛮貿易港、その後は薩摩藩による琉球貿易や砂糖輸送で栄えた。錦江湾の入口に位置するため、鹿児島城下に入るほとんどの船はここ通過することになる。

五代友厚は、安政2年(1855年)より長崎の海軍伝習所で航海術や測量を学んでいた。長崎海軍伝習所の練習艦である咸臨丸(原名 Japan)は、オランダ人教官の指導のもと勝海舟(麟太郎)を惣督として鹿児島を2度訪れているが、その都度山川港を経由している。

最初の寄港は安政5年3月15日(1858年4月28日)で、長崎から平戸、下関を経て山川へ着船した。このとき指宿に滞在中であった島津斉彬は、翌日自ら山川まで出向き、寺島宗則(松木弘安)を伴れて船内を隈なく視察したという。薩摩藩伝習生の乗組員は、成田彦十郎、加治木清之丞並びに久見崎水主2名とされており、五代友厚はこの航海には参加していなかったようだ。

二度目の来鹿は5月13日(1858年6月23日)で、明け方に山川に来航し同日夕方鹿児島へ入港した。帆船の鵬翔丸を長崎から江戸へ回航させるにあたり、外海まで蒸気船の咸臨丸に鵬翔丸を曳航させることが目的であった。咸臨丸は鵬翔丸と山川で別れ、3日間鹿児島に滞在した。島津斉彬は薩摩藩が牛根で建造した萬年丸に一行を迎え入れると、萬年丸の出来に関してオランダ人らに忌憚なき意見を求めたという。

<参考文献>
カッテンディーケ著 水田信利訳『長崎海軍伝習所の日々』1964年
公爵島津家編輯所編『薩藩海軍史 上巻』1928-1929年

鹿児島県ホームページ 山川港のまち歩きマップ
http://www.pref.kagoshima.jp/al01/chiiki/nansatsu/chiiki/machiarukiyamagawamap.html

  Like