五代友厚 大島スキーム(1)
Godai Tomoatsu, Oshima Scheme (1)

蒸気機関による砂糖製造機
蒸気機関による砂糖製造機 1862年(Sugar Mill and Steam Engine, Wellcome Collection, 1862)

薩摩藩は、南西諸島の砂糖により巨利を得、藩財政を立て直すとともに倒幕資金を蓄えたとされる。薩摩藩が扱う砂糖は黒糖であったが、嘉永4年(1851年)に藩主に就任した島津斉彬は「世の開かるに従て黒糖の需要は減じ必ず白糖に帰すべし」といって、洋式製糖法による白糖の製出を鴨池の精錬所にて試み、集成館にも白糖製造所を設けたという。しかし、斉彬の死後、集成館の製造所は文久3年(1863年)の薩英戦争で灰燼に帰した。

五代友厚は薩英戦争で捕虜となり、解放後しばらく潜伏生活を送っていたが、その間の元治元年(1864年)に富国の策並びに英仏への留学生派遣に関する上申書を藩に提出した。五代は「近来西洋諸国にて、砂糖製法蒸気機械相開け、広大の利潤を得候」と述べ、西洋へ砂糖製法蒸気機関20揃(一揃に付洋銀4千枚づつ)を注文し、三島(奄美大島・徳之島・喜界島)と沖永良部島に据付けること、その際専門家を4人雇うことを進言している。また、島民の困窮ぶりにも触れ、蒸気船や蒸気機関を使うことにより改善されるとしている。

この翌年から奄美大島では白糖工場の建設が始まっており、五代の建白はすぐに受け入れられたものとみられる。機械の輸入には五代と親しかったトーマス・グラバー(Thomas Glover)が関与していただろう。一方、五代の上申書と時を同じくして、大島吉之助(西郷隆盛の変名)が奄美諸島の砂糖買上げについて「若しや異人共手を付候様之事も有之候はゞ、格別慈計之巧を以愚民を惑はし候」と建言しており、外国人が介入することに対し懸念を抱く人々が藩にいたことも否めない。

In the 1800s, Satsuma Domain was trying to improve their sugar manufacturing method. Godai Tomoatsu made a recommendation to the Satsuma Domain to import steam-driven sugar mills and set them up in the Amami Oshima island.

<参考文献>
鹿児島県維新史料編纂所編『鹿児島県史料 忠義公史料 第3巻』1976年
日本経営史研究所編『五代友厚伝記資料 第四巻』1974年
樋口弘『日本糖業史』1956年
水田丞『幕末明治初期の洋式産業施設とグラバー商会』2017年

  Like

五代友厚 あさが来た<下>(足跡篇)
Godai Tomoatsu, Asa ga Kita (Footprints)

今回は、鹿児島の五代友厚像をご紹介します。鹿児島市には2体の五代友厚像があります。

ひとつは、鹿児島の玄関口、鹿児島中央駅の東口広場に建つ「若き薩摩の群像碑」です。駅を降りてすぐ目に飛び込んでくる大きな記念碑で、高さは12.1m(台座部分9.49m)もあるそうです。

若き薩摩の群像
若き薩摩の群像 Monument of the Satsuma Students

17体ある銅像のうち、中央に座り腕を前につき出しているのが五代友厚です。

若き薩摩の群像 五代友厚
若き薩摩の群像の五代友厚 Statue of Godai Tomoatsu

この記念碑は、慶応元年(1865年)に薩摩藩からイギリスへ派遣された薩摩藩英国留学生たちを称えたもので、使節3名、留学生15名、通訳1名、計19名のうち土佐藩士の高見弥一と長崎の通詞堀孝之を除く薩摩藩士17名からなっています。

若き薩摩の群像
若き薩摩の群像 Monument of the Satsuma Students

使節3名は、新納刑部(久脩)・五代才助(友厚)・寺島宗則(松木弘安)、留学生15名は、町田民部(久成)・畠山丈之助(義成)・町田清蔵(財部実行)・磯永彦輔(長澤鼎)・森金之丞(有礼)・町田申四郎(小松清緝)・市来勘十郎(松村淳蔵)・鮫島尚信・吉田巳次(吉田清成)・村橋直衛(村橋久成)・田中静洲(朝倉盛明)・東郷愛之進・中村宗見(博愛)・名越平馬(時成)と土佐の高見弥一、通訳1名は長崎の堀孝之です。彼らの多くは明治政府の顕官となり、また、事業を成功させた者もいて、それぞれが幕末維新の世に大きな功績を残しました。

鎖国時代の留学生
鎖国時代の留学生 Explanation Board of the Satsuma Students

「若き薩摩の群像碑」は彫刻家中村晋也氏の作で、昭和57年(1982年)の建立です。大阪取引所前の五代友厚像も中村晋也氏によるものです。また、鹿児島の高見橋東詰に建つ大久保利通像や鶴丸城跡の篤姫像も中村晋也氏作です。

若き薩摩の群像の銘板
若き薩摩の群像の銘板 Plaque, Monument of the Satsuma Students
若き薩摩の群像の銘板
若き薩摩の群像の銘板 Plaque, Monument of the Satsuma Students

2つ目の銅像は、鹿児島市朝日通りの泉公園にあります。

鹿児島市泉公園の五代友厚像
鹿児島市泉公園の五代友厚像 Godai Tomoatsu Statue at Izumi Park, Kagoshima
士魂商才
五代友厚像説明板 Explanation Board of Godai Tomoatsu Statue at Izumi Park, Kagoshima

この銅像は、昭和36年(1961年)に大阪の篤志家坂岡勇治氏から寄贈されたもので、坂上政克氏の作です。坂岡勇治氏は、大阪北浜の証券会社で専務をつとめていた人のようです。

鹿児島市泉公園の五代友厚像
鹿児島市泉公園の五代友厚像 Godai Tomoatsu Statue at Izumi Park, Kagoshima
鹿児島市泉公園の五代友厚像
鹿児島市泉公園の五代友厚像 Godai Tomoatsu Statue at Izumi Park, Kagoshima

坂岡勇治氏が寄贈した際、城山観光ホテルの創業者保直次氏が建設費を寄付し、当初は五代友厚の出生地である城ケ谷に近い長田陸橋に設置されていたそうです。その後、長田陸橋の交通量増加に伴い環境が変わったため、昭和56年(1981年)にこの泉公園に移設されました。

鹿児島市泉公園の五代友厚像碑文
鹿児島市泉公園の五代友厚像碑文 Inscription of Godai Tomoatsu Statue at Izumi Park, Kagoshima

道をはさんで向かいに見える建物は鹿児島県産業会館です。静かな場所に佇む五代友厚像でした。

鹿児島市泉公園の五代友厚像
鹿児島市泉公園の五代友厚像 Godai Tomoatsu Statue at Izumi Park, Kagoshima

<住所>
五代友厚像:鹿児島市泉町5(泉公園内)
若き薩摩の群像碑: 鹿児島市中央町1-1 鹿児島中央駅前東口広場

  Like

五代友厚 あさが来た<下>(2)
Godai Tomoatsu, Asa ga Kita (2)

五代友厚像碑文 大阪商工会議所
五代友厚像碑文 大阪商工会議所 Godai Tomoatsu’s Statue at the Osaka Chamber of Commerce and Industry

第13週「東京物語」では、五代友厚と酒を飲んでいた大久保利通が、「おいも、あと10年は気張ろう。そして、その先の10年でようやく新しい日本が出来上がる」と語った矢先、馬車で参内の途中、紀尾井坂で暴漢におそわれ凶刃に倒れる。実際に大久保がこの言葉を語った相手は、福島県令の山吉盛典であった。明治11年(1878年)5月14日のこの日、五代は東京築地の別宅に滞在していて、急報に接したのは朝食の最中だった。「しまった」と言い、玄関に出ると急に吐気をもよおし、食べたものをすべて吐き出したと伝えられる。

第14週「新春、恋のゆくえ」で、あさは五代に「大阪商法会議所を作りはって、会頭におなりになって・・・」、「大阪株式取引所の開業の日なんか、花火まで上がってお祭りみたいだしたわ」とその功績をたたえる。大阪商法会議所設立の認可が下りたのは明治11年8月27日、それより先の8月15日に大阪株式取引所の開業式が催され、実際に花火が上がり、川には大小遊船が往き交った。夏に行われる天神祭の船渡御が、この年の前後数年のあいだ中止となっていたため、人々は開業式の花火に久しぶりの納涼気分を味わったことだろう。

別のシーンで、五代は「福沢諭吉先生の紹介で東京から来た我が相談役です。今、商法会議所の中に商業を学べる学校を作りたい思ってまして・・・」と、同行者をあさに紹介する。これはおそらく新聞記者の加藤政之助で、五代系の新聞『大阪新報』に主幹として迎えられ、五代らとともに大阪商業講習所設立の発起人となった人物である。

第15週「大阪の大恩人」は、薩摩出身の黒田清隆や五代らが関わったとされる明治14年の北海道開拓使官有物払下げ事件を取り上げている。五代らの設立した関西貿易社への払い下げが決まると、肥前出身の大隈重信らが猛反対。また、『大阪新報』の加藤政之助をはじめとする諸新聞が五代や黒田を攻撃した。『大阪新報』は、三菱から金をもらって近県にまで出てしきりに扇動していると、五代は嘆いている。政府は払い下げを中止すると反撃に転じ、大隈ら反対派をことごとく免官し政治事件へと発展した。

第16週「道を照らす人」に描かれた通り、五代は晩年も神戸桟橋会社など各種事業に携わっている。一方で、明治13年頃からすでに心臓病の兆候があり、糖尿病を併発して目もかすむようになり治療を受けていたという。五代は明治17年末、大阪中之島に建てた新居に移り住むが、明治18年に入ってまもなく上京、夏にいったん帰阪するが、療養のため再び東京に滞在する。同年9月17日に閑職についていた黒田清隆を元気づけようと出かけたところ、その夜から病状が悪化したといい、9月25日午後1時に逝去した。

  Like