五代友厚 神戸事件(足跡篇)
Godai Tomoatsu, The Kobe Incident (Footprints)

神戸事件の舞台となった場所を訪ねました。

I visited Sannomiya Shrine and Nofuku Temple in Kobe, the scene of the Kobe Incident in 1868.

備前藩と外国人が最初に衝突した場所は、神戸元町の大丸百貨店北側にある三宮神社付近です。その後、生田川、現在のフラワーロードあたりで撃ち合いになったといいます。

神戸三宮神社
三宮神社 Sannomiya Shrine

三宮神社の鳥居横に「神戸事件発生地」の碑、また境内に神戸事件と同時代の大砲が据えられています。

神戸事件発生地
神戸事件発生地碑 The Site of Kobe Incident
三宮神社にある大砲
三宮神社にある大砲 A Cannon Displayed at the Sannomiya Shrine
大砲の説明板
大砲の説明板 Explanation Board “The Cannon”

三宮神社の向かい側、大丸百貨店前には「神戸外国人居留地の碑」もあります。ここより海に向かって南側が居留地と定められていました。

神戸外国人居留地跡の碑
神戸外国人居留地跡の碑 The Monument of Kobe Foreign Settlement

JR兵庫駅近くまで移動します。
外国事務の執務を行っていたのは、兵庫裁判所、後の初代兵庫県庁です。ここはもともと兵庫城のあったところで、江戸時代は大阪奉行所が管轄する兵庫勤番所でした。兵庫陣屋とも呼ばれていました。

兵庫城跡
兵庫城跡 Hyogo Castle Ruins

兵庫城跡の前を通っているのは新川運河です。キャナルプロムナードとして遊歩道が整備されていて、天気のよい日は潮風に吹かれて気持ちよく歩けます。

キャナルプロムナード
キャナルプロムナード The Canal Promenade, Hyogo

ここから真っすぐ北に歩いて5分もかからない場所に、瀧善三郎が切腹した永福寺がありました。地図のほぼ中央、「南仲町」と赤字で書かれた付近が永福寺のあった場所と思われます。

永福寺付近の地図
現在の南仲町付近 The Map of Minaminaka-machi

江戸時代の地図です。左上の光った部分の右下が能福寺、その右(東)が法蓮寺、さらに右(東)に永福寺があります。能福寺と法蓮寺は現存していますが、瀧善三郎が切腹した永福寺は第二次世界対戦の空襲で焼失し、遺構などもまったく残っていません。

永福寺の場所
江戸時代の南仲町付近 The Old Map of Minaminaka-machi

永福寺にあった瀧善三郎の石碑は寺の焼失後、境内跡地にできたカネテツデリカフーズで供養が続けられていましたが、その後能福寺に移設されました。カネテツデリカフーズも移転し、現在はマンションなどになっています。

永福寺があった南仲町付近
永福寺があった南仲町付近 The Vincity of Minaminaka-machi area where the Eifuku Temple used to be

電柱に取り付けられた南仲町のプレートの上にあるNTTの標識には「カネテツ」の文字が残っています。南仲町の標識

能福寺です。
805年の開創と言われ、平清盛ゆかりの寺でもあります。

能福寺
能福寺 Nofuku Temple, Hyogo

兵庫大佛と呼ばれる巨大な大仏が目を引きます。

能福寺の兵庫大佛
能福寺の兵庫大佛 Great Buddha at Nofuku Temple

兵庫大佛ができたのは明治24年(1891年)ですが、当時から外国人にも人気があったようで、ジョセフ・ヒコ(浜田彦蔵)に依頼して寺の縁起を説明する英文を作ってもらっています。能福寺の境内にある石碑にその英文が残されています。五代友厚からジョセフ・ヒコへ送った手紙があるので、二人は面識があったと考えられます。

能福寺の英文碑
能福寺の英文碑 Stone Monument written in English by Joseph Hiko
能福寺英文碑の説明板
能福寺英文碑の説明板 Explanation Board about Joseph Hiko

神戸事件の責任を負って切腹した瀧善三郎正信の碑です。非常に手厚く供養されているのがわかります。

滝善三郎正信碑
滝善三郎正信碑 Taki Zenzaburo Masanobu Monument

瀧善三郎正信碑説明板

能福寺の神戸事件説明板
能福寺の神戸事件説明板 Explanation Board “Kobe Incident”

<住所>
三宮神社:神戸市中央区三宮町2−4−4
神戸外国人居留地の碑(大丸神戸店):神戸市中央区明石町40
兵庫城跡:神戸市兵庫区中之島2丁目
能福寺:神戸市兵庫区北逆瀬川町1-39

  いいね Like

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

五代友厚 神戸事件(2)
Godai Tomoatsu, The Kobe Incident (2)

瀧善三郎の切腹
瀧善三郎の切腹 Taki Zenzaburo’s Seppuku(30 Mai 1868, L’Illustration)

慶応4年1月15日(1868年2月8日)、東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)は、王政復古を通告する国書を六国代表に伝達し、新政府の開国和親方針を表明した。慶応3年12月9日に王政復古大号令が発せられていたが、新体制の樹立について諸外国に正式に布告したのはこのときが初めてである。その際、神戸事件における日本側の責任を認め、備前藩指揮官の処罰を約束し、今後の外国人の安全を保証したことことにより、神戸居留地を占拠していた外国兵は撤退、抑留されていた諸藩の船も返還された。以降、神戸居留地の警護は薩長両藩が担う。一連の対応のため、新政府は1月22日に兵庫鎮台を旧兵庫勤番所に設置、2月2日に兵庫鎮台を兵庫裁判所と改め、東久世通禧を兵庫裁判所総督に任命している。

伊藤博文と五代友厚は、双方死者がなかったこともあり、穏便に事を解決すべく力を尽くすが、六国代表は強行な姿勢を崩さず、十分な釈明がなければ交戦も辞さないと通告してきた。そのため備前藩は、隊を率いていた日置帯刀(ひきたてわき)の謹慎と発砲を命令した指揮官の兵庫送致を受け入れざるを得なかった。慶応4年2月7日(1868年2月29日)付け伊達宗城(だてむねなり)の日記には、「今晩備前家来ヨリ名元附出ス 日置帯刀家来 馬廻り士 百石 瀧善三郎 五代餘程骨折候也」とある。五代と伊藤は直前まで助命のため奔走し続けたがその目的は達せられず、瀧善三郎は2月9日に外国側立ち会いのもと、全責任を負うかたちで兵庫の永福寺において切腹した。

Godai Tomoatsu and Ito Hirobumi struggled to resolve the issue but it ended with death of a samurai from Bizen Clan, Taki Zenzaburo who took full responsibility for the Kobe Incident and committed seppuku at the Eifuku Temple, Hyogo.

<参考文献>
日本経営史研究所編『五代友厚伝記資料 第四巻』1974年
日本史籍協会編『伊達宗城在京日記』1916年
村田誠治『神戸開港三十年史 上巻』1898年

  いいね Like

五代友厚 神戸事件(1)
Godai Tomoatsu, The Kobe Incident (1)

三の宮
三の宮(若林秀岳『神戸覧古』) Sannomiya, Kobe

新納久脩と五代友厚、そしてシャルル・ド・モンブラン(Charles de Montblanc)は、鹿児島を出て、慶応3年12月28日(1868年1月22日)夕方兵庫に着港した。年が明けて1月3日に鳥羽・伏見の戦い、1月4日に兵庫沖で海戦が起こり、戊辰戦争の幕が開ける一方、神戸では1月11日(1868年2月4日)にいわゆる「神戸事件」が発生する。この事件は、備前藩と外国人とのあいだで銃撃戦がおこり外交問題に発展したもので、五代は急遽「外国談判の儀に付」上阪を仰せ付けられた。

家老日置帯刀(ひきたてわき)が率いる備前藩の兵は、新政府より摂津西宮の警護を命じられ、大砲をともない岡山から陸路で移動していた。その途中、神戸三宮神社付近で欧米人が日置の隊列を横切ったため、槍で制止しようとしたところ傷を負わせ、その後居留地予定地の検分をしていた外国公使たちも巻き込んでの銃撃戦となった。神戸はひと月ほど前に開港したばかりで沖には外国艦船が碇泊中であったため、各国の守備兵が上陸、居留地を軍事的に占拠し、諸藩の汽船は拿捕されて一時騒然としたという。

この状況の中、五代は、外国事務総督東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)、伊達宗城(だてむねなり)のもと、伊藤博文らとともに各国公使との折衝にあたる。薩摩藩からは、伊地知貞馨、岩下方平、吉井友実、寺島宗則、小松帯刀、中井弘らが京阪神に会同していた。また、彼らの書簡や日記には、白山の名でモンブランがしばしば登場しており、事件解決に協力していたことがうかがえる。

Godai Tomoatsu was called by the new government to handle the “Kobe Incident” which occurred in 4th February 1868.  The incident was first a gun battle between Bizen troops and some foreign sailors but developed into the serious international diplomatic problem at the end.

<参考文献>
鹿児島県史料刊行会『小松帯刀日記』1981年
日本経営史研究所編『五代友厚伝記資料 第四巻』1974年
日本史籍協会編『伊達宗城在京日記』1916年
村田誠治『神戸開港三十年史 上巻』1898年

  いいね Like