五代友厚 生野銀山とコワニエ(2)

マリー・コワニエ
マリー・コワニエ Marie Coignet

明治政府が生野銀山に日本の近代化を牽引する模範鉱山としての役割を与えたことと、大阪に造幣局の創設が決まっていたことは無関係ではなかろう。生野銀山は大阪に最も近い鉱山のひとつである。生野は銀のみならず銅や錫も産出し、時の支配者が手中に収めては財源の源とした優良鉱山であった。しかし、お雇い外国人ジャン・フランソワ・コワニェ(Jean François Coignet)が初めて目にした生野鉱山は「殆ど廃棄せられたも同然で、作業場は大部分浸水状態であった」という。

コワニェが生野に到着したのは明治元年9月28日(1868年11月12日)で、銀山の役人が出迎え、銃隊に守られながら山の見分に向かった。生野の役所にはあらかじめ「近々仏人を伴った役人が出張するので、不作法無きよう」との布告が行政官より出ていたというから、外国人への襲撃事件頻発の折、政府が神経を尖らせていたのは当然といえよう。コワニェの当初の宿舎は西福寺であった。通訳は朝倉盛明(田中静吾、田中静洲)が務めた。朝倉は慶応元年(1865年)に五代友厚とともにヨーロッパへ渡った薩摩藩英国留学生の一人で、イギリスからフランスへ移り、シャルル・ド・モンブラン(Charles de Montblanc)宅に寄宿しながらフランス語を学ぶなどした。後に朝倉は生野銀山の長となり、コワニェと二人三脚で銀山の盤石の基礎を築き上げることとなる。

コワニェは出張が多く、始終生野にいたわけではなかったようだ。五代が所有する天和銅山や半田銀山をはじめ、九州・四国から北海道に至るまで各地の鉱山や地質を調査してまわり、大阪にもよく出張していた。明治4年には機械購入、職工夫雇い入れなどのためフランスへ一時帰国している。このときフランスから地質家、鉱山技師、坑夫、医師らを招き、総勢20数名のフランス人が生野銀山の仕事に従事するようになった。家族等も入れるとフランス人コロニーは50人近い規模となっていたようだ。

コワニェも夫人マリー及びその弟レオン・シスレー(Léon Sisley)を帯同していた。義弟シスレーは、コワニェより10歳年下の1847年生まれで、銀山と姫路にある飾磨津港を結ぶ馬車道を設計したことで知られる。コワニェが生野に到着した際の記録に「仏蘭西人三人」とあるので、マリーとシスレーはコワニェが来日した当初より行動をともにしていた可能性もあるが、明治4年に一時帰国した際に来日したという説もあり、状況としては後者の可能性が高いだろう。

『生野史』には「コワニーは厳格な性格で、為に総スカンを喰って居た。(中略)コワニーが生野に帰任する時は皆土下座をした。其中を彼は悠々四枚肩の駕籠で宿舎へ乗付けた。彼の風丰を恐る恐る偸み見て”髭の沢山生えたこわげなもんやな”と肩をすくめた」と書かれている。コワニェが厳格な性格であったことはその仕事ぶりからも察せられる。それ故朝倉はじめ政府筋から厚い信頼を寄せらていたのだろう。駕籠での移動は外国人襲撃の危険から身を守るためだったかもれない。コワニェは第二期建設計画を完遂し、生野銀山を名実ともに近代的鉱山とすると、明治政府との契約を終えて明治10年にフランスへ帰国した。

<参考文献>
生野町中央公民館「歴史をつなぐ会」編『日本とともに歩んだ銀山の町 いくの』1994年
今井功『地質調査事業の先覚者たち(6)フランシスク・コワニエ』「地質ニュース No.126」1965年2月
太田虎一『生野史 校補 鉱業編』1962年
フランシスク・コワニェ著 石川準吉編訳『日本鉱物資源に関する覚書』1944年

  いいね Like

五代友厚 生野銀山とコワニェ(1)

ジャン・フランソワ・コワニエ
ジャン・フランソワ・コワニエ Jean-François Coignet

慶応3年(1867年)、シャルル・ド・モンブラン(Charles de Montblanc)は、薩摩藩との契約に基づき選抜した軍の士官や技術者を連れて来日した。そのうちの一人はジャン・フランソワ・コワニェ(Jean François Coignet)といって、ロワールのサンテティエンヌ鉱業学校(École des Mines de Saint-Étienne)を卒業した鉱山技師であった。コワニェはヨーロッパで数年間実務に携わった後、仏政府による調査隊に加わってマダガスカルやメキシコを探検したり、カリフォルニアの金鉱脈の探査に自ら赴くなど、冒険家の一面があったようだ。1837年生まれで五代友厚より1歳余り年下、来日時は30歳で、明治10年(1877年)までの10年間、お雇い外国人として日本中の鉱山地質をくまなく調査し、鉱山業の近代化に大きな役割を果たした。

モンブランとコワニェの接点は定かではないが、二人ともパリ地理学会(Société de Géographie)の会員であったというから、その関係でつながりがあったのかもしれぬ。1865年にモンブランが著した『Le Japon』には、日本の鉱物資源について産業及び貿易の観点から詳しく記述した箇所があり、モンブランが予てより日本の鉱山に興味を持っていたことがうかがえる。

長崎に到着したコワニェは、やがて鹿児島へ移り、薩摩藩に雇われて薩摩・大隅・日向の鉱山を1年かけて調査した。その間に維新となり、新政府は慶応4年7月に大阪の銅座役所を鉱山局とすると、コワニェをお雇い外国人として雇い入れた。9月に大阪で契約がなされた際、五代友厚は大阪府判事の職にあり、コワニェの雇い入れに五代の献言があったことは想像に難くない。コワニェは9月下旬、鉱山技師兼鉱学教師として但馬の生野銀山(現兵庫県朝来市)に赴任した。赴任前に大阪で銅吹所の見学などもしていたようだ。

生野銀山は、天文11年(1542年)に但馬守護職・山名祐豊が銀石を掘り出し、これを開坑の起源としている。織田信長、豊臣秀吉の直轄時代を経て、徳川時代には天領となり、佐渡金山、石見銀山とともに幕府の財政を支えた。

慶応4年1月(1868年1月)に戊辰戦争が始まると、新政府は西園寺公望を山陰道鎮撫総督に任命し、薩長藩士300余名が山陰道へ向けて出陣した。1月14日、本隊が柏原から福知山へ向かう中、薩摩藩の折田年秀(要蔵)、黒田清綱らが生野代官所を占拠。生野は府中と改名され、折田は2月に府中の判事に任命された。折田は江戸に遊学して蘭学を学び、薩英戦争の砲台築造や鹿児島紡績所の技師館建設に携わった人物で、五代友厚や五代の兄徳夫とも親しかった。幕府の台場築造御用掛も務めた。明治3年に官を辞し、明治6年(1873年)より兵庫の湊川神社の宮司となった。

<参考文献>
生野町中央公民館「歴史をつなぐ会」編『日本とともに歩んだ銀山の町 いくの』1994年
今井功『地質調査事業の先覚者たち(6)フランシスク・コワニエ』「地質ニュース No.126」1965年2月
大阪商工会議所編『五代友厚関係文書目録』1973年
白井智子『幕末期の薩摩藩とお雇い外国人鉱山技師 : ジャン=フランソワ・コワニェの来日に関する新情報』「神戸大学国際文化学研究推進センター研究報告書」2018年
フランシスク・コワニェ著 石川準吉編訳『日本鉱物資源に関する覚書』1944年
モンブラン他『モンブランの日本見聞記ーフランス人の幕末明治観』1987年

  いいね Like

五代友厚 モンブランと日本(足跡篇)

これまで紹介した中から、シャルル・ド・モンブラン(Charles de Montblanc)が日本で滞在したであろう場所を集めてみました。

戊辰戦争が始まる直前、モンブランは五代友厚らとともに兵庫津に入りました。当時の兵庫と神戸は湊川を境に2つの湾になっていて、明治の開港以降は神戸港が大きく発展しましたが、江戸時代までは兵庫津の方が栄えていました。五代が開聞丸を泊めていたのは兵庫津の方です。

兵庫神戸両港全圖
兵庫神戸両港全圖 Map of Hyogo and Kobe ports, 1880

薩摩藩の浜本陣、畠山助右衛門方小豆屋は地図の数字2です。その隣りの数字3は、長州藩などが利用していた「繪屋」ということです。今の出在家町付近で、この辺りは西国大名たちが参勤交代の際の宿泊や休憩に使った浜本陣が多数ありました。五代も小豆屋に泊まっていました。

兵庫津の浜本陣
兵庫津の浜本陣 Hama-honjin (Subsidiary inns used by Daimyos during the Edo period)

近くに兵庫城跡があります。維新後は兵庫県庁になりました。初代兵庫県知事は伊藤博文です。慶応4年1月に発生した神戸事件の際、ともに外国事務局判事であった五代と伊藤は協力して事件の解決にあたりました。

兵庫城跡
兵庫城跡石碑 Hyogo Castle Ruins

戊辰戦争が始まると、五代は安全のためモンブランを一時イギリス公使ラウダ(John Frederic Lowder)のもとへ送りましたが、その後モンブランは薩摩藩の庇護の元しばらく京都に滞在していたようです。慶応4年2月に天皇謁見のため京都を訪れたフランス公使レオン・ロッシュ(Léon Roches)らは相国寺に滞在しましたが、到着した一行を出迎えたのはモンブランだったといいます。

相国寺総門
相国寺総門 The Main Gate, Shokokuji Temple

京都の薩摩藩邸は複数ありましたが、相国寺の西隣りにあったのが二本松屋敷です。文久2年(1862年)に造られた比較的新しい邸で、幕末維新の重要な政治拠点となりました。現在は同志社大学となっています。

薩摩藩邸跡(二本松藩邸)
薩摩藩邸跡(二本松藩邸)The Monument of the Nihonmatsu Residence of the Satsuma Domain
二本松屋敷説明板
京・薩摩藩邸(二本松屋敷)説明板 The Explanation Board of the Nihonmatsu Residence of the Satsuma Domain

慶応4年の春頃よりモンブランは大阪に住んでいたようです。五代は大阪川口運上所の責任者となり、開港とともに持ち上がった数々の問題を解決するためたいへん忙しくしていました。

川口運上所説明板と大阪開港の地石碑
川口運上所説明板と大阪開港の地石碑

ここは大阪電信発祥の地でもあります。モンブランは、大阪と神戸を結ぶ電信の架設を申請しましたが、「我政府に於て」行う旨五代より回答があり、申請は却下されました。

大阪電信発祥の地碑
大阪電信発祥の地碑 The First Telegraph Station in Osaka

仏艦デュプレックス号(La Dupleix)の艦長アベル・デュ・プティ=トゥアール(Abel du Petit-Thouars)によると「モンブラン氏の家の石段の所で一隻の船がわれわれを待っていた」とあるので、モンブランは海か川の近くに住んでいたようです。外国人が住むことのできる場所は限られていましたので、それは川口居留地であったかもしれません。

川口居留地跡
川口居留地跡 The Monument of Kawaguchi Foreign Settlement

<住所>
浜本陣のあった付近:神戸市兵庫区出在家町
兵庫城跡石碑:神戸市兵庫区切戸町5
薩摩藩邸跡碑(二本松屋敷):京都市上京区岡松町(同志社大学)
相国寺:京都市上京区相国寺門前町(今出川通烏丸東入)
大阪開港の地、大阪電信発祥の地:大阪市西区川口2-9-20
川口居留地跡:大阪市西区川口1-5-19 (本田小学校北西角)

  いいね Like