五代友厚 天和銅山と五條(1)

天川坑と五條
天川坑と五條(大和地圖)

五代友厚が明治4年(1871年)に開坑した天和銅山は、吉野郡天川郷の山深い地にあって、険峻な山道を越えての往来は容易ではなかった。五代の経営する弘成館は天和山出張所に加え五條にも出張所を設け、奈良における鉱山事務全般、物資の調達、大阪との連絡をここから執り行った。

五條は吉野山地への入口として重視されていたのみならず、吉野川の水運にも恵まれ、また紀州、伊勢、河内へ通じる街道が交わる交通の要衝として栄えた。東の五條と西の二見城をつなぐ紀州街道、いわゆる新町には商家が建ち並び、現在も江戸時代からの家屋が多く残っている。新町は、関ヶ原の戦いの功績によって二見城に入った松倉豊後守重政が町割を施行し諸役を免除するなどして発展の基礎を築いたもので、五條はその後天領となって南大和の中心地となった。

天和山の鉱山経営に必要な物資が五條から運び込まれるとともに、天和山で採鉱された銅は馬に積まれ、和田の下流の西ノ谷から武士ヶ峯へ登り、矢八ヅ峠から西吉野に下って五條へと運ばれた。最盛期にはこの難路を毎日50〜60頭もの馬が行き来したという。

1862年に来日した英公館通訳アーネスト・サトウ(Ernest Satow)は、吉野の洞川から高野山に至る道を歩いた際のことを次のように書いている。

中越を川合へと下降(中略)中谷で登山者の利用するルートは川を越えて、今では廃屋に等しい観音の寺に向かい、その後またすぐに右岸に戻る。和田で山道が分岐して川を越え、いくつかの銅山に向かう。それらは、一八六二年に開坑され、一八七二年における金属の産出量は一六五トンを超えた。

廃屋に等しい観音の寺とは、廃仏毀釈後の天河神社のことであろうか。サトウの目的地は高野山であったから、西ノ谷は通過し、山西、広瀬、滝尾、塩野、天ノ川辻、坂本、中原と西へ向かって歩いている。天ノ川辻の手前の松尾峠と中原のすぐ先の山道にも五條へ向かう分岐があったという。サトウは、山西から半マイル先の「川の深い湾曲部の上に美しくたたずむ辰見左衛門経営の小さな旅宿」で昼の休憩をしたようだ。天ノ川の不動滝のあたりであろうか。

<参考文献>
アーネスト・メイスン・サトウ『アーネスト・サトウの明治日本山岳記』2017年
日本経営史研究所編『五代友厚伝記資料 第三巻』1972年

  いいね Like

五代友厚 天和銅山と和田村(足跡篇)

五代友厚が最初に手がけた鉱山、天和銅山のある奈良県吉野郡天川村の和田近辺を訪ねました。

中和田のバス停横に和田の案内板があります。天ノ川に沿って集落が広がります。

和田案内板
和田案内板 Wada Information Board

天川村全体の観光案内図です。和田は天川村の西部にあります。和田からは西へ向かうと五條、東へ向かうと下市に出ることができます。天川村の東部には修験道で有名な大峯山があります。大峯山と高野山をつなぐ道が天川村を通っていて、空海はこの道を歩いて高野山に至ったとされます。

天川村観光案内図
天川村観光案内図 Tenkawa-mura Information Map

中和田の案内板の向かい側にあるのは永豊寺です。案内板の隣りに永豊寺の収蔵庫があり、平安時代の仏像が安置されています。お寺にお願いすれば収蔵庫を開けてくださいますので、拝観も可能です。

永豊寺
永豊寺 Eihou-ji Temple

現在は浄土真宗ですが、もともとは曹洞宗のお寺だったそうです。

永豊寺石柱
永豊寺 Eihou-ji Temple

永豊寺の本堂に「大阪市 五代龍作」と書かれた寄進札がかかっていました。「一 槻八尺廻壹本、一 樅九尺廻壹本」とあります。木材を寄進したようです。

五代龍作 寄進札
五代龍作 寄進札 Godai Ryousaku Donation Tag

永豊寺から西へ向かって少し歩いたところに「てんかわ天和の里」があります。廃校になった天川西小学校の建物を活用した交流施設です。天川西小学校は、和田小学校と庵住小学校が統合したときの名前で、もともとは和田小学校でした。

てんかわ天和の里(旧天川西小学校)
てんかわ天和の里(旧天川西小学校) Tenkawa Tenwa no Sato (Former Tenkawa Nishi Elementary School)

明治7年(1874年)の開校当初は永豊寺を仮校舎としていたそうです。現在残っている校舎は、昭和18年(1943年)に村長を歴任した福智久継氏が私財を投じるとともに、地域の人々の土地の無償提供や労働奉仕により建てられたもので、総ヒノキ造りのたいへん立派な建物です。

てんかわ天和の里の廊下
てんかわ天和の里の廊下 Corridor of Tenkawa Tenwa no Sato

教室の一角に五代友厚を顕彰する展示がありました。天和鉱山についての説明もあります。五代友厚は、和田小学校のために建物を提供したり、寄付を行ったりしていました。

てんかわ天和の里の展示
てんかわ天和の里の展示 Exhibition at Tenkawa Tenwa no Sato

校舎の奥に広い畳敷きの図書館がありました。「五代友厚図書館」の看板が掲げられています。

五代友厚図書館
五代友厚図書館 Godai Tomoatsu Library

五代友厚や幕末明治時代に関する書籍がそろっています。五代友厚が登場する朝ドラ「あさが来た」のDVDもありました。

五代友厚図書館の本棚
五代友厚図書館 Godai Tomoatsu Library

小学校の裏手には美しい天ノ川が流れています。

天ノ川
天ノ川 Ten’nokawa River

さらに西へ向かってしばらく行くと、和田郵便局の手前に伊波多神社があります。式内社とありますから創建は千年以上前でしょう。元の社はもっと山側にあったそうです。

伊波多神社
伊波多神社 Iwata Shrine

伊波多神社の隣りに空き地があります。囚人労働者を収容する監獄所がここにあったようです。この建物は後に寄贈され、小学校の校舎として使われました。

伊波多神社横の空き地
伊波多神社横の空き地 Vacant Land next to Iwata Shrine

川沿いを西へ進むと栃尾に入ります。天和鉱山は和田村、栃尾村、九重村の3つの村にまたがっていました。栃尾観音堂を訪ねました。

栃尾観音堂
栃尾観音堂 Tochio Kan’non-do

栃尾観音堂には、円空佛と呼ばれる木彫りの仏像が安置されています。円空上人は日本全国をくまなく行脚し、旅をしながら生涯に12万体の仏像を彫ったと言われているそうです。素朴なやさしい表情の仏像です。

円空仏について
円空仏について About the Enku Buddha Statues

最後に天河大辨財天社(天河神社)を参拝しました。
芸術芸能音楽の神として知られる神社です。特に能楽と関係が深く、重要文化財の能面や能装束を多数所有しています。りっぱな神楽殿もあります。

天河大辨財天社
天河大辨財天社 Tenkawa Dai-Benzaiten Shrine

草創は飛鳥時代ということです。大峯山系の最高峰弥山の鎮守として弁財天を勧請し祀ったのがこの天河神社ということです。空海も参籠したと伝えられます。

天河大辨財天社
日本遺産 天河大辨財天社 Japan Heritage Tenkawa Dai-Benzaiten Shrine

拝殿には五十鈴と呼ばれる神宝が吊るされています。神事が厳かに執り行われていました。

天河大辨財天社 本殿
天河大辨財天社 拝殿 Tenkawa Dai-Benzaiten Shrine

<住所>
永豊寺:吉野郡天川村和田436
てんかわ天和の里(旧天川西小学校):吉野郡天川村和田477
伊波多神社:吉野郡天川村和田533
栃尾観音堂:吉野郡天川村栃尾
天河大辨財天社:吉野郡天川村坪内107

  いいね Like

五代友厚 天和銅山と和田村(2)

明治6年7月の天和山収支
明治6年7月の天和山収支 Income and Expenditure of Tenwa Mine in July, 1873

天和銅山では浦上キリシタンの信徒を使役していたこともあったようだ。江戸末期から明治初期のいわゆる浦上四番崩れで信徒たちは西日本各地に流配されたが、その一部は大和郡山藩にあずけられた。明治5年末、郡山にいた百余人の信徒のうち12歳〜20歳までの男女をのぞく全員が和田村の永豊寺と栃尾村の光願寺に移され、強壮な男子は天和銅山の採掘や運搬に駆使されたという。女子は何らの苦役も課せられなかったが、労働すれば物が十分に食べられるのでむしろ進んで労働に服したという。浦上キリシタンは明治6年春に釈放が決定され、天和銅山の信徒も子供たちと合流の後、5月には全員長崎へ帰着したというから、天和銅山で労働に従事していたのは3ヶ月ほどであっただろうか。

鉱山の開発は周辺の村々の発展も促した。和田村からは五条へ出るにも下市へ出るにも険峻な山坂難路であったが、天和鉱山と県、地元がそれぞれ費用を負担し牛馬が通行できる新道が開かれた。架橋、流水堰、井戸、水路などの普請もまた鉱山が工事費を出すことにより進んだ。和田村の永豊寺には寄進者として嗣子五代龍作の名前が残っているが、友厚の時代から村との協力関係は続けられていたものと推察される。

五代が天和銅山を入手した経緯は定かではないが、坂岡勇三郎が仲立ちをしたとも言われる。坂岡は鹿児島の人で、孫の坂岡勇次は鹿児島に五代友厚像を建立した人物である。坂岡勇三郎は龍作にも鉱山や殖林の世話をしたそうで、その関係で弘成館で働いていた伊藤豹三郎と親しくなり、豹三郎の養子である伊藤銀三が創業した伊藤銀證券株式会社に坂岡勇次が専務として勤めていたということである。伊藤豹三郎は余技として庭芸に秀でていたので、牡丹の見頃には五代友厚の家族を招き喜んでもらっていたという話も残っている。

<参考資料>
浦河和三郎『浦上切支丹史』1943年
河本寛編『史蹟花外楼物語 −明治維新と大阪−』1964年
三俣俊二『津・大和郡山に流された浦上キリシタン』2005年

  いいね Like