五代友厚 離別(足跡篇)
Godai Tomoatsu, Separation (Footprints)

鹿児島の大乗院橋からスタートし、大乗院跡周辺を歩きました。大乗院跡は、かつての清水城跡でもあります。

Starting from the Daijoin Bridge, I walked around the old site of Daijoin Temple.  Before the Daijoin Temple was built, there was the Shimizu Castle which had been the home of the Shimazu clan for 15o years.  Godai Tomoatu’s residence in Kagoshima was near there.

大乗院橋です。大乗院橋から南に仁王堂水まで続く道を坊中馬場といいました。五代友厚が慶応3年(1867年)に拝領した屋敷はこの坊中馬場にあったといいます。

大乗院橋
大乗院橋 Daijoin Bridge
大乗院橋
大乗院橋 Daijoin Bridge
大乗院橋
大乗院橋 Daijoin Bridge

大乗院橋を北へ渡ると稲荷川沿いに清水中学校があります。この中学校の敷地には、かつて大乗院という島津氏ゆかりの真言宗寺院がありました。また、大乗院が建立される前は清水城でした。150年ものあいだ島津氏が本拠地としていた城です。

清水中学校
清水中学校 Simizu Junior High School

清水中学校校内に五輪塔の一部が残っています。

大乗院 五輪塔の一部
大乗院 五輪塔の一部 A Part of Gorinto Tower, Daijoin Temple, Kagoshima

大乗院は、明治初めの廃仏毀釈で最初に破壊された寺となってしまいました。

大乗院跡
大乗院跡 Old Site of Daijoin Temple
島津氏の祈願所
島津氏の祈願所 Daijoin Temple and Niodo Water

大乗院から稲荷神社に続く道を稲荷馬場と呼びます。城下町なので、このあたりは馬場と名のつく通りが多いです。

稲荷馬場
稲荷馬場 Inaribaba Street

川沿いを東に進みます。
「清水城 山城跡 登り口」という案内板がありました。脇の細道から山に入っていくと山城跡へ行けるようです。清水城は、居城とその背後の山に築かれた山城の二つからなっていました。鶴丸城も同じつくりです。

清水城山城跡登り口
清水城山城跡登り口 To the Mountain Castle of Shimizu Castle

さらに川沿いを上流に向かって歩いていくと赤い鳥居が見えます。

稲荷神社
稲荷神社 Inari Shrine

島津氏が勧請した鹿児島五社のひとつ、稲荷神社です。

稲荷神社
稲荷神社 Inari Shrine
稲荷神社
稲荷神社 Inari Shrine

稲荷神社では毎年秋に流鏑馬が行われ、多くの見物人で賑わったということです。今はもう行われていませんが、三国名勝図会にも稲荷神社の流鏑馬の様子が描かれています。

稲荷神社
稲荷神社(三国名勝図会) Inari Shrine

大乗院跡(清水中学校)の西にある福昌寺跡とキリシタン墓地に向かいます。福昌寺跡には歴代島津氏の墓が残されています。

福昌寺跡とキリシタン墓地

島津家墓地の入口です。玉龍中学・高等学校と山のあいだのひっそりとした場所にあります。入口の扉は閉まっていますが、自由に開けて参拝・見学することができます。

福昌寺跡入口
福昌寺跡入口 Entrance of Former Fukushoji Temple
福昌寺跡入口お願い
福昌寺跡入口 Notes for Visitors, Former Fukushoji Temple

福昌寺は、応永元年(1394年)に開山し、明治2年(1869年)に廃仏毀釈のため廃寺になりました。常に千五百余人もの修行僧がいる巨大寺院であったといいます。

福昌寺跡
福昌寺跡 Old Site of Fukushoji Temple
福昌寺跡説明板
福昌寺跡説明板 Old Site of Fukushoji Temple Explanation Board

玉龍中学・高等学校のある場所も、もとは福昌寺の境内でした。寺の正式名称が玉龍山福昌寺であったので、校名に玉龍の名が残されたのでしょう。

玉龍中高等学校
玉龍中高等学校 Gyokuryu High School

墓地は広大なので案内図が役に立ちます。福昌寺墓地には、島津氏6代〜28代目当主の墓があります。28代目は島津斉彬です。

福昌寺墓地案内図
福昌寺墓地案内図 Plan of Fukushoji Temple Cemetery

入口を入って正面、大きな鳥居の向こうにある墓は、島津久光のものです。久光は明治20年に71歳で亡くなりました。五代友厚はそれより先の明治18年、49歳で亡くなっています。

島津久光之墓
島津久光之墓 Grave of Shimazu Hisamitsu

島津斉興の墓です。近くにお由羅の墓もあります。斉興が死去したのは安政6年9月12日(1859年10月7日)で、五代友厚はこの頃長崎に遊学していました。

島津斉興之墓
島津斉興之墓 Grave of Shimazu Narioki

島津斉彬の墓です。正室英姫の墓と隣り合っています。斉彬は安政5年7月16日(1858年8月24日)に急死しました。五代友厚は長崎海軍伝習所で学んでいる最中でしたが、藩主の死を受けて一時鹿児島に帰国を命じられています。

島津斉彬之墓
島津斉彬之墓 Grave of Shimazu Nariakira

島津墓地にある墓石の多くに黄色い石が使われています。ほかは黒っぽい石ばかりですから、淡い黄色の墓石はたいへん目立ちます。この石は山川石といい、鹿児島の南、山川の福元周辺でしか採れない溶結凝灰岩だそうです。鹿児島の石垣などによく使われているたんたど石も溶結凝灰岩ですが、山川石の見た目の美しさは特別です。のこぎりで切れるほどやわらかいのに風化に強く、墓石に向いているということです。

島津斉彬と英姫の墓
島津斉彬と英姫の墓 Grave of Shimazu Nariakira and Fusahime

いったん門の外に出ます。墓地の西寄りに、島津家以外の人々の墓が並ぶ場所があります。

島津家以外の墓
島津家以外の墓 Graves other than Shimazu Family
島津氏以外の墓
福昌寺 島津氏以外の墓 Graves other than Shimazu Family at the Fukushoji Temple

調所広郷(笑左衛門)の墓です。島津斉興に仕え、破綻寸前であった薩摩藩の財政を立て直しました。これは平成13年に新しく建てられた墓です。

調所広郷之墓
調所広郷之墓 Grave of Zusho Hirosato
調所広郷之墓
調所広郷之墓 Grave of Zusho Hirosato

横山安武の顕彰碑です。横山安武は森有礼の実兄で、二人は五代友厚と同じ城ケ谷で育ちました。家もごく近く、郷中方限も同じだった五代徳夫・友厚兄弟は、横山安武・森有礼兄弟に大きな影響を与えたと言われています。

横山安武顕彰碑
横山安武顕彰碑 Monument of Yokoyama Yasutake

横山安武

横山安武は、明治新政府の腐敗・悪政ならびに征韓の非を糾弾し、東京で割腹自殺しました。明治3年7月27日(1870年8月23日)のことでした。西郷隆盛はその死を惜しんで自ら碑文を書いたといいます。

横山安武顕彰碑
横山安武顕彰碑 Monument of Yokoyama Yasutake

横山安武の顕彰碑には、弟の森有礼の名前も見えます。

横山安武顕彰碑
横山安武顕彰碑 Monument of Yokoyama Yasutake

島津家墓地の西端にある山道を登っていきます。かなりの急坂です。

キリシタン墓地への階段
キリシタン墓地への階段 Stairway to Christian Cemetery

この道の先には玉龍高校のグラウンドがあるそうですが、途中のキリシタン墓地が今回の目的地です。浦上四番崩れの後、長崎ではキリスト教信徒に改宗を促すもうまくいかず、慶応4年から明治3年にかけて、信徒を日本各地に流罪としました。鹿児島では375人が廃寺となっていた福昌寺に収容されました。鹿児島に連れてこられた信徒たちはかなり丁重に扱われていたようです。この墓地には、明治5年(1872年)の帰崎までに客死した58人が葬られています。亡くなった信徒もいた一方、13人の子どもが生まれ、330人が長崎に戻ったということです。

キリシタン墓
キリシタン墓 A Grave of Christians
キリシタン墓地説明板
キリシタン墓地説明板 Christian Cemetery Explanation Board

今も墓をきれいにし、花を供えている人たちがいます。

キリシタン墓地
キリシタン墓地 Christian Cemetery

<足跡>
大乗院橋:鹿児島市稲荷町
清水城跡、大乗院跡(清水中学校):鹿児島市稲荷町36-29
稲荷神社:鹿児島市稲荷町34−15
福昌寺跡(島津家墓地):鹿児島市池之上町48
キリシタン墓地:鹿児島市池之上町24

  Like

 

五代友厚 離別(2)
Godai Tomoatsu, Separation (2)

高崎正風
高崎正風 Takasaki Masakaze

五代友厚は、慶応3年4月(1867年5月)に鹿児島の坊中馬場に屋敷を拝領したものの、翌年1月には外国事務局判事として大阪在勤となる。五代は実妹一家にこの屋敷に移り住むよう要請するが、城ケ谷の兄徳夫が反対するなどして、なかなか話がまとまらなかった。

同じ頃、五代は最初の妻、豊との離別を高崎正風や五代東之丞に相談している。高崎正風は歌人として有名だが、維新前は国事に奔走。しかし、武力討幕に反対したことで蟄居を余儀なくされ、一時鹿児島に戻っていた。五代の相談に応じた高崎は、明治元年10月24日(1868年12月7日)付書簡で、来年正月ごろに離別状を渡すのがよかろうと言っている。迎妻の念なく、ただ病身の老母を慰むるための結婚であり、生涯東奔西走し国家のために尽くすつもりで、居住を定める考えもない故、とするよう内容の指南もしている。豊とは明治2年中に正式に離縁した。

一方、妹の嫁ぎ先である祁答院家は10月末に坊中馬場へ引っ越すことを決めたが、城ケ谷の憤怒を恐れて結局これを断り、家移りは取り止めになった。高崎は12月22日付書簡で、これ以上どうしようもないので家邸共に売り払うか、家番を雇って野菜でも作らせるか二策しかないと嘆いている。祁答院仲右衛門重之が明治6年の手紙に、地税上納が始まり、空屋敷にては色々不都合云々と書いているから、この屋敷はずっと空き家のままだったのだろう。

母親の見舞いのため鹿児島に帰っていた五代が大阪に戻ると、仏艦デュプレックス号(La Dupleix)の艦長アベル・デュ・プティ=トゥアール(Abel du Petit-Thouars)が運上所に五代を訪ねてきて、新しい仏公使、戊辰戦争、キリシタン問題などを話し合ったという。日本在住欧米人の間で、長崎のキリシタン問題、つまり浦上四番崩れは、この頃最も強い関心事のひとつとなっていた。

Godai Tomoatsu consulted with Takasaki Masakaze and Godai Tonojo about his divorce and the management of his residence in Kagoshima. Around that time, the crackdown on Japanese christians in Nagasaki became a major concern to the Europeans in Japan.

<参考文献>
アベル・デュプティ=トゥアール著 森本英夫訳『フランス艦長の見た堺事件』1993年
大阪商工会議所編『五代友厚関係文書目録』1973年
日本経営史研究所編『五代友厚伝記資料 第一巻』1971年

1 Like

五代友厚 離別(1)
Godai Tomoatsu, Separation (1)

五代友厚
五代友厚(『五代友厚伝』より) Godai Tomoatsu

外国事務局判事としてすでに大阪在勤となっていた五代友厚は、慶応4年4月1日(1868年4月28日)より母親の病篤しということで休暇をとり、約1ヶ月間鹿児島に帰っている。五代が帰阪してまもなく、母やすは6月27日に逝去した。やすは中風症、つまり脳出血の後遺症であったとある書簡には書かれている。帰阪後、五代は7月15日の大阪開港に向け多忙を極めており、また、五代宛て多く書簡に葬儀の報告があることから、五代自身は母親の葬儀に出席しなかったと思われる。

五代の最初の妻、豊から友厚宛て10月4日の手紙には、義母の死を悔やみ、きちんと墓参していること、家に自分一人であるので、祁答院家、つまり五代の実妹一家が移り住むよう依頼してくれたことはありがたいと言っている。また、おはるどのとおひろ様が訪ねてきて、五代の母がたいへん喜んでいたと報告している。おはるどのとおひろ様とは、おそらく長崎の徳永広子とその娘治子のことだろう。五代の家籍には入っていないが、治子は薩英戦争の年、文久3年(1863年)に生まれた五代の子である。母やすが孫にあたる治子に会っていたとすれば、治子5歳のときか。

遡って5月29日付高崎正風の書簡には「崎陽御愛閏御令女に面会す」とあるから、治子の来鹿について高崎が何か取り計らったのかもしれない。実姉篠原広子も友厚宛ての手紙に「おはる殿も御下りにて嬉敷く」と書いている。明治5年の吉田清成書簡には「おひろどの家の事、延引も榎津町に取極める」とあるから、五代は後々まで二人の面倒をみていたようだ。治子は早世したとも伝えられるが、五代の妹信子の夫、祁答院仲右衛門重之が明治16年に「東京表お治殿に先般男子御出産の由祝す」と書き送っている。20歳になった娘治子のことだとすれば、五代も孫の顔を見たのかもしれない。

Godai Tomoatsu, an officer of Foreign Affairs Office in Osaka, went back to his home, Kagoshima in April 1868 to see his sick mother. His mother was passed away in August, soon after Godai returned to Osaka.

<参考文献>
大阪商工会議所編『五代友厚関係文書目録』1973年
日本経営史研究所編『五代友厚伝記資料 第一巻』1971年

  Like