五代友厚 上申書(足跡篇)
Godai Tomoatsu, Opinion Brief (Footprints)

鹿児島市内で薩摩藩英国留学生にゆかりのある地を訪ねました。

I visited several places associated with the Satsuma Students who sailed to study for Europe from Kagoshima in 1865.

鹿児島市長田町にある五代友厚誕生地(城ケ谷 (足跡篇)参照)からスタートします。現在残っているのは石垣のみですが、敷地は整備されて公園になっています。

五代友厚誕生地
五代友厚誕生地 Godai Tomoatsu Birthplace

このあたりは明治初めまで城ケ谷と呼ばれていました。谷筋を10分ほど東へ歩くと、左手に横山安武・森有礼成育之地と書かれた標柱がたっています。横山安武と森有礼は実の兄弟です。森有礼は慶応元年(1865年)、薩摩藩英国留学生として五代友厚らとともにイギリスに渡り、明治元年に帰国しました。同じ郷中方限の五代徳夫・友厚兄弟から大きな影響を受けたといわれています。渡英時、五代友厚は29歳、森有礼は17歳でした。兄の横山安武は明治3年、新政府の腐敗と征韓論への反対を建言して割腹自殺しています。森有礼は明治22年に国粋主義者により暗殺されました。

横山安武・森有礼成育之地
横山安武・森有礼成育之地 Yokoyama Yasutake & Mori Arinori Birthplace

さらに道なりに進むと、五つの道が交わる場所に出ます。バスが通る一番広い道路が冷水街道です。交差点角にあるコンビニエンスストア前のバス停は「長田神社下」です。

「長田神社下」バス停
「長田神社下」バス停 Nagata Jinja Shita Bus Stop

城ケ谷に通じる道の西隣りが長田神社に通じる道です。

長田神社参道
長田神社参道 Approach to the Nagata Shrine
長田神社由緒沿革
長田神社由緒沿革 History of Nagata Shrine

長田神社は承久3年(1221年)の創建以来、福ケ迫諏訪神社と称されましたが、明治2年に長田神社と改称されました。坂をのぼると右手に階段が見えます。

長田神社
長田神社 Nagata Shrine
長田神社入口
長田神社入口 Entrance of the Nagata Shrine

階段をのぼった正面に社殿が現れます。福ケ迫諏訪神社(長田神社)は上山城の守護神として信仰厚く、藩費をもってすべての造営修繕が執り行われたということで、あちらこちらに島津家の家紋が入っています。

長田神社社殿
長田神社社殿 Nagata Shrine
長田神社
長田神社 Nagata Shrine
長田神社社殿
長田神社社殿 Nagata Shrine

手の込んだ龍の手水鉢も古いもののようです。

長田神社手水鉢
長田神社手水鉢 Chozubachi, Nagata Shrine

長田神社は高台にあります。向こう側の興国寺跡に広大な墓地が見えます。

長田神社からの眺め
長田神社からの眺め View from Nagata Shrine

来た道を戻り、この墓地を目指します。冷水街道沿いにある興国保育園の少し先のY字路を山側へ入ります。

興国保育園
興国保育園 Kokoku Nursery School

「長澤鼎の墓」と書かれた案内板をたどると興国寺墓地に着きます。興国寺は島津氏の菩提寺である福昌寺の末寺として栄えた寺でしたが、廃仏毀釈により廃寺となりました。

長澤鼎の墓案内板
長澤鼎の墓案内板 Sigh Board of Nagasawa Kanae’s Grave
長澤鼎の墓案内板
長澤鼎の墓案内板 Direction Map of Nagasawa Kanae’s Grave
長澤鼎の墓案内板
長澤鼎の墓案内板 Direction Map of Nagasawa Kanae’s Grave

長澤鼎の墓です。13歳で薩摩藩英国留学生として渡英し、その後アメリカに渡ってカリフォルニアで82歳の生涯を閉じました。五代とともに留学生らを引率した寺島宗則(松木弘安)は、長澤鼎について「米国に在て日本を忘却し帰朝の意なしと云へる奇人なり」と書いていますが、幼くして一人外国に身を置き、当地の環境に順応するしかなかったが故、日本に戻る場所を見出せなかったのかもしれません。

長澤鼎之墓
長澤鼎之墓 Nagasawa Kanae’s Grave
長沢鼎の墓説明板
長沢鼎の墓説明板 Explanation Board of Nagasawa Kanae’s Grave

長澤鼎は留学時の変名で、もとは磯長彦助という名でした。長澤鼎の墓の横には磯長家之墓がたっています。慶応元年当時、幕府により洋行は禁止されていましたので、薩摩藩英国留学生たちの渡航は密航で、渡航中は各々変名を使っていました。五代友厚の変名は関研蔵でした。

磯長家之墓
磯長家之墓 Grave of the Isonaga Family

興国寺墓地は広大です。しかし、興国寺はすでになく、管理者不明の墓石が多数あって、荒れた状態のところも少なくありません。

興国寺墓地
興国寺墓地 Kokouji Cemetery
興国寺墓地
興国寺墓地 Kokouji Cemetery

墓地は山の斜面にあり、桜島が見渡せます。

興国寺墓地からの眺め
興国寺墓地からの眺め View from the Kokouji Cemetery

墓地のある一画はカラスが占領中。

カラスの学校
カラスの学校 Crows

墓地のほぼ中央に新納家の墓があります。特に表示はありませんが、石囲いがあり大きく目立つ墓です。

新納家之墓
新納家之墓 Grave of the Niiro Family
新納家之墓
新納家之墓 Grave of the Niiro Family

墓石裏面、左下に見える新納中三というのは、五代らとともに渡英した新納久脩(刑部)のことです。留学生の中では最年長で、五代らの上司ともいえる立場の人です。帰国後家老となり、後に奄美の大島島司となって奄美の人々のために尽力しました。

新納家之墓
新納家之墓 Grave of the Niiro Family

薩摩藩英国留学生とは関係ありませんが、興国寺墓地には伊地知季安の墓もあります。伊地知季安は嘉永5年(1852年)に記録奉行となりました。嘉永7年に亡くなった五代友厚の父秀堯も記録奉行でしたから、短期間とはいえ同僚だったかもしれません。また、伊地知季安の父の実家は本田家といいます。友厚の母やすも本田家の出ですから、なんらかの繋がりがあるはずです。

伊地知季安の墓
伊地知季安の墓 Ijichi Kian’s Grave
伊地知季安の墓説明板
伊地知季安の墓説明板 Explanation Board of Ijichi Kian’s Grave

これは高崎五郎右衛門の墓だそうです。高崎五郎右衛門は、いわゆるお由羅騒動で嘉永2年(1850年)に自刃しました。墓石にある巍山は高崎五郎右衛門の号です。高崎五郎右衛門の長男、高崎正風と五代友厚はかなり親しかったようで、多くの書簡が残っています。高崎正風の生家は興国寺から少し東の冷水街道沿いにあり、五代の生家と近く、年齢もほぼ同じなので幼なじみだったのかもしれません。

巍山高崎君之墓
巍山高崎君之墓 Takasaki Goroemon’s Grave

日当山侏儒どんの墓もありました。

日当山侏儒どんの墓
日当山侏儒どんの墓 Hinatayama Shuju’s Grave
日当山侏儒どんの墓説明板
日当山侏儒どんの墓説明板 Explanateion Board of Hinatayama Shuju’s Grave

 

<住所>
五代友厚誕生地:鹿児島市長田町31
横山安武・森有礼成育之地:鹿児島市長田町21
長田神社:鹿児島市長田町24
興国寺墓地:鹿児島市冷水町5

  いいね Like

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

五代友厚 上申書(2)
Godai Tomoatsu, Opinion Brief (2)

五代友厚堀孝之ライルホーム
五代友厚・堀孝之・ライルホーム Godai Tomoatsu, Hori Takayuki, Ryle Holme

五代友厚は、元治元年(1864年)、藩に上申書を提出し、英仏へ16人の留学生を送ることを提言し、人選については次のように述べている。

4人は追々家老職につくべき者より人選
2人は軍賦役より人選
3人は攘夷論を唱える壮士より人選
以上は、軍務・地理・風俗を見分けさせる
1人は郡奉行より人選、農業耕作の機械を究めさせ、また誂えさせる
2人は台場・築城・砲術の心得のある者を人選
1人は造士館より人選、諸学校・病院などを研究させる
3人は細工並びに機械取り扱いや絵図面を達者に写せる者を人選

実際に選ばれてイギリスへ渡航したのは、以下の16人に引率の五代、寺島宗則(松木弘安)、通訳の堀孝之を加えた計19人であった。

新納久脩
町田久成
畠山義成
名越時成
村橋久成
朝倉盛明
鮫島尚信
松村淳蔵
森有礼
高見弥一
東郷愛之進
吉田清成
長澤鼎
町田申四郎
町田清蔵
中村博愛

留学生の半数以上は、薩摩藩開成所で蘭学や英学を学んでいた10代後半から20代前半の若者で、最年少は当時13歳の長澤鼎(磯永彦助)であった。人選にあたっては、開成所教授石河確太郎の意見がかなり取り入れられたようだ。

帰国後は明治政府の顕官となった者が多いが、長澤鼎は渡米し永住することを決意し、ワイナリーの経営者として「葡萄王」と称せられるまでになった。朝倉盛明(田中静洲)は生野銀山で仏人技師を通弁し、鉱山局長をつとめた。五代も鉱山業に携わっていたから関係は深い。後に初代文部大臣となった森有礼は、五代と同じ城ケ谷の出身である。吉田清成は大蔵官僚や外交官として活躍し、五代が東京滞在中によく会っていた。往復書簡も多く残っている。五代は吉田が帰国した際、野村盛秀宛の手紙に「吉田の人となり暴激なりしも今見るに余程温和にて別人を見る如し」と書いている。

<参考文献>
大阪商工会議所編『五代友厚関係文書目録』1973年
公爵島津家編輯所編『薩藩海軍史 中巻』1928-1929年
日本経営史研究所編『五代友厚伝記資料 第四巻』1974年
長谷川洋史「薩摩藩留学生イギリス派遣に関する石川確太郎上申書の解析」『日本経大論集第43巻第2号』2014年

  いいね Like

五代友厚 上申書(1)
Godai Tomoatsu, Opinion Brief (1)

野村盛秀
野村盛秀 (『写真集 近代日本を支えた人々』)Nomura Morihide

五代友厚は、文久3年7月(1863年8月)の薩英戦争で寺島宗則(松木弘安)とともにイギリスに抑留され、英艦で横浜に連れてこられる。神奈川に上陸後、しばらくのあいだ武蔵国旛羅郡下奈良などに潜伏していたが、薩英間で生麦事件の調停相成り、薩藩内の時勢も変化しつつあったことから、翌年正月、密かに長崎に戻る。五代らの潜伏先を世話した清水卯三郎によれば、長崎行きを止めても聞かぬと悟り、人の少ない池の端にある精進料理屋に誘って酒を酌み交わし、別れを惜しんだという。

五代は長崎で酒井三蔵(三造、正三とも)邸やトーマス・グラバー(Thomas Glover)邸にかくまわれていたが、その間薩摩藩士の野村盛秀(宗七)や川村純義らと往来して、薩英戦争の際の自らの行動を説明し、世界の大勢をとき、元治元年(1864年)4月頃ようやく青天白日の身となった。時をおかず、五代は富国強兵と英仏への留学生派遣、またその資金の調達方法を述べた上申書を藩に提出した。上申書は認められ、藩への復帰が許されると、長崎で洋行準備に取りかかる。

五代の上申書には留学生派遣の計画が仔細に述べられているが、薩英戦争の前年、寺島宗則は文久遣欧使節としてヨーロッパ各国を回っており、五代は当然その話を聞いていたであろうし、グラバー邸に寓していたことから、ここでも欧州留学について具体的な助言を得たに違いない。

寺島は、五代が長崎に発った後もなお下奈良で潜伏生活を続けていたが、五代が許されてほどなく寺島も藩への復帰が許された。寺島は7月より江戸に出て、妻子とともに妻の実家のある白金に滞在していたようだ。そして、藩命により12月初めに江戸を発し、元治2年の正月に長崎に着いて五代と再会した。藩命とはつまり、五代とともに藩の留学生を率いてイギリスへ渡航することであった。

Godai Tomoatsu submitted a written statement to Satsuma Domain and suggested to send a group of selected Samurais to Europe. The purpose was to acquire advanced skills and knowledge from technically rich countries and increasing Satsuma’s wealth and military power as a result.

<参考文献>
公爵島津家編輯所編『薩藩海軍史 中巻』1928-1929年
寺島宗則研究会編『寺島宗則関係資料集 下巻』1987年
日本経営史研究所編『五代友厚伝記資料 第四巻』1974年

  いいね Like