五代友厚 出仕(足跡篇)
Godai Tomoatsu, Duty (Footprints)

鹿児島の照国神社と鶴丸城跡付近を歩きました。五代友厚は長崎在勤が長く、明治政府になってからは大阪に移り住みましたので、藩に出仕してから鹿児島で過ごした期間は3年ほどでした。

I walked around Terukuni Shrine and the old site of Tsurumaru Castle in Kagoshima.

照国町交差点です。向こうに照国神社の大きな鳥居が見えます。右手に中央公園がありますが、ここにはかつて藩校造士館がありました。

照国町交差点
照国町交差点 Terukuni-cho Intersection

鳥居に向かう途中の緑地に古い石造りの建物があります。旧鹿児島県立博物館考古資料館です。

旧考古資料館
旧考古資料館 Former Kagoshima Prefecture Archaeological Museum

明治16年に県立興業館として建設されたそうです。建物前のソテツも立派です。中に入って見学することはできませんが、よく保存されていて見応えがあります。

旧考古資料館
旧考古資料館 Former Kagoshima Prefecture Archaeological Museum

旧考古資料館建物の由来

照国神社の鳥居をくぐります。照国神社は島津斉彬公を祀るために創建された神社です。

照国神社鳥居
照国神社鳥居 Terukuni Shrine
別格官幣社照国神社
照国神社 Terukuni Shrine
照国神社の御由緒
照国神社の御由緒 History of Terukuni Shrine

入ってすぐのところにガス燈が復元されていました。島津斉彬はガス燈を開発し、城下に普及させようとしていました。

照国神社のガス燈
照国神社のガス燈 Gaslight at Terukuni Shrine
照国神社のガス燈
照国神社のガス燈 Gaslight at Terukuni Shrine

照国神社の社殿ができたのは元治元年(1864年)です。五代友厚が、イギリスへ留学生を派遣するための上申書を書いていた頃でしょうか。

照国神社
照国神社 Terukuni Shrine

照国神社

照国神社と探勝園には、島津斉彬、島津久光、島津忠義の三公の像があります。

三公建像碑
三公建像碑 Monument for Three Loads of Satsuma Domain

照国神社の奥に建っているのが島津斉彬公像です。

島津斉彬公像
島津斉彬公像 Statue of Shimazu Nariakira

島津斉彬説明板

銅像横の石碑は、戊辰戦争戦士の顕彰碑です。

戊辰之役戦士顕彰碑
戊辰之役戦士顕彰碑 Monument of Boshin War

照国神社に隣接する探勝園に行きました。25代藩主重豪のときにつくられ、はじめ千秋園と呼ばれていましたが、27代藩主斉興のときに手を加え探勝園と名づけられました。

探勝園入口
探勝園入口 Entrance of Tanshoen Garden

入口そばに「電信が駆けた庭園」という説明板がありました。斉彬は、日本で初めてモールス信号による交信に成功し、この探勝園と鶴丸城の間で実演してみせたということです。

電信が駆けた庭園

当時の鶴丸城配置図
鶴丸城配置図 Plan of Tsurumaru Castle in the 19th Century

庭園の中にも電信使用の地の碑があります。電信実験にあたっては、斉彬の指示で寺島宗則(松木弘安)がオランダ語の文献を翻訳したといいます。寺島宗則はその後も電信政策に力を注ぎ、「電気通信の父」と呼ばれました。

電信使用の地記念碑
電信使用の地記念碑 Monument of the First Telegraph in Japan

電信使用の地説明板

電信使用の地の碑のすぐ近くに苔むした石碑があります。一部欠けていますが、これは探勝園記で、五代友厚の父秀堯の撰によるものです。天保13年(1842年)に建てられました。友厚が数えで8歳のときです。

探勝園記
探勝園記 Monument of Tanshoen Garden
探勝園記
探勝園記 Monument of Tanshoen Garden

探勝園には島津久光公と忠義公親子の像があります。

島津久光公像
島津久光公像 Statue of Shimazu Hisamitsu

島津久光公像説明板

島津忠義公像
島津忠義公像 Statue of Shimazu Tadayoshi

島津忠義公像説明板

鶴丸城の二の丸庭園にあたる探勝園から、少し北の本丸跡にある黎明館に向かいます。「人をもって城となす」という方針から、鶴丸城は天守閣のない屋形づくりの建物であったといいます。堀もそれほど広くありません。城壁の上にぽつんと見えている石碑は行幸記念碑です。

鶴丸城の堀
鶴丸城の堀 Tsurumaru Castle Moat

明治5年(1872年)に明治天皇が鹿児島を行幸した際の記念碑です。明治天皇は鹿児島港の台場跡や鹿児島紡績所の旧技師館なども訪問されました。この行幸には西郷隆盛も同行しています。

行幸記念碑
行幸記念碑 Memorial of Imperial Visit

本丸に入るための大手橋が見えます。堀にはハスが群生していて、初夏には美しい花が咲くそうです。

鶴丸城大手橋
鶴丸城大手橋 Tsurumaru Castle Ote Bridge

鶴丸城跡掘のハスの群生

黎明館となる前、鶴丸城跡には第七高等学校造士館がおかれていました。

史跡鶴丸城跡
鶴丸城跡 Old Site of Tsurumaru Castle, Kagoshima
第七高等学校造士館跡
第七高等学校造士館跡 The Seventh Higher School ‘Zoshikan’ School

大手橋を渡ったところに御楼門を復元すべく、現在工事が進められています。鹿児島(鶴丸)城跡説明板

本丸入口付近の石垣には、明治10年の西南戦争のときに撃ち込まれた銃弾や砲弾の痕が残っています。

西南戦争弾痕
西南戦争弾痕 Bullet Holes of the Seinan War

石垣に残る西南戦争の弾痕

黎明館に入ります。鹿児島県歴史資料センターとして、鹿児島の歴史を幅広く展示しています。

黎明館
黎明館 Reimeikan Museum
黎明館案内板
黎明館案内板 Plan of Reimeikan

展示のほとんどは撮影禁止なので、あまり写真はありません。天文館通りの模型は遠近法で手前と奥の人形の大きさを変えるなどしてあり、大変よくできていました。五代友厚のコーナーには、愛用の金時計や五代家の印、水墨画などが展示してありました。

天文館通り
天文館通りの模型 Model of Tenmonkan Street
出水麓の模型
出水麓の模型 Model of Izumi-fumoto Town
鶴丸城の配置図
鶴丸城の配置図 Plan of Tsurumaru Castle

鶴丸城跡の敷地内には、たくさんの記念碑や銅像があります。

黎明館敷地内の記念碑等
黎明館敷地内の記念碑等 Plan of the Monuments at Reimeikan Site

天璋院篤姫の像。

天璋院篤姫像
天璋院篤姫像 Statue of Tenshoin Atsuhime

七高生久遠の像。

七高生久遠の像
七高生久遠の像 Statue of the Seventh Higher School Students

鶴丸城前の国道10号線沿いには、本物のガス燈が設置されています。夜になるとオレンジ色の暖かみのある炎で道を照らしてくれます。

ガス燈
ガス燈 Gaslights
ガス燈
ガス燈 Gaslight
ガス燈
ガス燈 Gaslight
ガス燈説明板
ガス燈説明板 Explanation Board of Gas Lighting

 

<住所>
旧鹿児島県立博物館考古資料館:鹿児島市城山町1-5
照国神社:鹿児島市照国町19-35
探勝園:鹿児島市照国町19-5
鹿児島県歴史資料センター黎明館(鶴丸城跡):鹿児島市城山町7-2

  Like