五代友厚 造幣寮創業(足跡篇)
Godai Tomoatsu, Foundation of the Imperial Mint (Footprints)

大阪市北区の造幣局内にある造幣博物館に行きました。

I visited the Mint Museum in Osaka.  There we can see how Godai Tomoatsu contributed to the new monetary system and the Mint.

入口は、桜宮橋西詰の正門もしくは北門で、詰所で名前を書いてから中に入ります。南門からは入れません。「桜の通り抜け」の際は南門から入り北門へ抜けますが、通り抜け期間中、博物館は閉館しています。

博物館に向かう途中、旧正門を見ることができます。

造幣局旧正門
造幣局旧正門 The Old Main Gate

八角形の建物は、衛兵詰所として使われていたそうです。

衛兵詰所
造幣局の元衛兵詰所The Old Guardhouse

鉄柵は、菊花と大阪の「大」の字が交互にデザインされています。この柵は、動物園で使われる予定だったものを、その計画が頓挫したため造幣局が譲り受けたのだそうです。ヨーロッパで動物園を見てきた五代友厚がアイデアを出していたかもしれません。

造幣局の鉄冊
造幣局の鉄冊 The Old Iron Fences at the Mint

創業当時の正門説明板正門そばのレンガ塀です。かなり古いです。

旧正門横のレンガ塀
造幣局旧正門横のレンガ塀 Brick Walls near the Old Main Gate

造幣博物館は、明治44年(1911年)に建てられた火力発電所を改装したもので、造幣局内に残る唯一のレンガ造りの建物です。博物館入口付近に鉄製の大型機械が2台展示されています。黒い機械が、香港造幣局で使われていたフランス製圧印機です。五代友厚らの仲介で、グラバー商会を通して購入しました。

造幣局の圧印機
造幣局の圧印機 Pressure Stamping Machine Exhibited at the Mint

入ってすぐのところにある、創業当時の造幣寮の模型。敷地面積は現在の2倍強もあったそうです。大きすぎて一枚の写真におさまりませんでした。

造幣局模型
創業時の造幣局模型 The Model of Imperial Mint at Its Start

造幣局開業に携わった政府高官やお雇い外国人たちの肖像レリーフが多数あります。五代友厚のレリーフももちろんありました。

五代友厚レリーフ
五代友厚レリーフCopper Relief of Godai Tomoatsu

二代目長谷川小信とお雇い外国人マンチニ(C. N. Mancini)が描いた創業間もないころの造幣寮。

造幣局錦絵
造幣局錦絵 Colored Woodblock Print of the Mint
マンチニ作の造幣局
マンチニが描いた造幣局 A work of Mancini

マンチニは長崎でホテルなども経営していたようです。また、マンチニ夫人(J. R. Mancini)は、マンチニの死後ドレウェル氏(A. Drewell)と再婚し、神戸異人館にある「ラインの館」に住んでいました。

試作貨幣
彫金家加納夏雄が手彫りで作製したもの。

試作貨幣
試作貨幣(加納夏雄作) Prototype Coins (by KANO Natsuo)

イギリス製天秤
明治初期、試験分析に使用していました。

造幣局のイギリス製天秤
造幣局のイギリス製天秤 A Pair of Balances made in Britain

我国最古のガス燈
構内に計686基が設置されていました。夜にガス燈が灯る様を人々が見物に来たといいます。

ガス燈
ガス燈 Gaslight

オリエンタル・バンクとの約定書及び条約覚書

オリエンタル・バンクとの約定書
オリエンタル・バンクとの約定書 The Agreement between Japanese Government and the Oriental Bank

御雇外国人名簿
雇入年月日や給料なども書かれています。

お雇い外国人名簿
お雇い外国人名簿 The List of Employed Foreigners at the Mint

五代友厚から貨幣司に宛てて送った文書(写)
造幣機械が港に到着したことを伝えています。

貨幣局宛て書簡
五代友厚から貨幣局に宛てた書簡 A Copy of the Letter from Godai Tomoatsu to

資料室には、五代友厚関係の本もいくつかおいてありました。

<住所>
造幣局(本局):大阪市北区天満1-1-79

  Like

 

五代友厚 造幣寮創業(2)
Godai Tomoatsu, Foundation of the Imperial Mint (2)

造幣寮創業式
造幣寮創業式 The Opening Ceremony of the Imperial Mint

貨幣司は、明治2年(1869年)に造幣局となり、その後大蔵省造幣寮となった。五代友厚の横浜赴任が決まった際、大阪在勤となった井上馨が、造幣頭(ぞうへいのかみ)として造幣工場の建設にあたっていたが、火災や資材輸送船の沈没などに見舞われ、完成まで2年を要した。

明治4年2月15日(1871年4月4日)、創業式が挙行され、右大臣三条実美、参議大隈重信ら約100名が列席。祝砲が鳴り轟き、花火が上がり、一般開放も行われお祭り騒ぎが続いたという。すでに官を離れていた五代が、この式典に参列したという記録はない。総工費は約96万両、当時の政府税収1年分の約30%に相当する大事業であった。

当時の造幣事業は、英国オリエンタル・バンク(The Oriental Bank)との条約下にあり、機械設備の買い入れや外国人技術者の雇い入れ等あらゆる面でオリエンタル・バンクの介入があった。造幣首長トーマス・キンドル(Thomas William Kinder)もオリエンタル・バンクが雇用したもので、高給取りのキンドル、三井と結びつきの強かった井上馨は、それぞれ金ドル・銀ドルと渾名されていたという。

オリエンタル・バンクが川口居留地に支店を開設したこともあり、堂島新船町と造幣寮の間に馬車鉄道、川口と造幣寮の間に電信が設けられ、オリエンタル・バンクから神戸に貨幣・地金を運ぶための蒸気船「運貨丸」も購入された。造幣寮は、最先端技術の発信拠点となっていた。

Spending two years, the construction of the Imperial Mint was completed and the opening ceremony was held on 4th April 1871.  Godai Tomoatsu’s name was not on the list of this ceremony.  The Oriental Bank was playing an important role on this project.

<参考文献>
造幣局のあゆみ編集委員会「造幣局のあゆみ 改訂版」2010年
立脇和夫「大阪造幣局の建設とオリエンタル・バンク」『東南アジア研究年報 28』1986

  Like

五代友厚 造幣寮創業(1)
Godai Tomoatsu, Foundation of the Imperial Mint (1)

造幣寮の位置
大阪川崎村に設立された造幣寮の位置 The Location of the Imperial Mint, Osaka

明治政府は、慶応4年閏4月21日(1868年6月11日)、会計官中に貨幣司を設け、政費の不足を補うと同時に、混乱していた幣制の建て直しをはかる。近代的統一国家建設のためには純正画一な新貨幣の製造が必要不可欠であるとし、英国領香港より機械を購入し、造幣工場を設立することを決めた。大阪遷都論を背景に商都大阪がその地に選ばれ、明治2年の東京首都移転の際にはすでに大阪で建設が進んでいた。

1866年に開業した香港造幣局(The Hong Kong Mint)は、その貨幣が中国人に受け入れられることなく、2年足らずで閉鎖。土地と機械はジャーディン・マセソン商会(Jardine Matheson & Co.)に売却され、日本はジャーディン・マセソン商会の長崎代理店であったグラバー商会(Glover Trading Company)からこの機械を購入した。当時外国事務局権判事であった五代友厚ほか小松帯刀、寺島宗則らがこれを仲介した。また、同じ鹿児島藩の上野景範が香港に派遣され、設置にあたっては水利と土地面積を第一に考えるよう知らせてきたため、建設地として川崎村(現在の大阪市北区天満)が選ばれた。

慶応4年8月30日(1868年10月15日)、注文の機械が天保山沖に到着した旨五代友厚より貨幣局に通知があり、9月19日に陸揚げが完了している。同じ頃、グラバーの紹介でトーマス・ウォートルス(Thomas James Waters)を造幣工場の建築技師として迎え入れることが決まっていた。ウォートルスは1842年生まれのアイルランド人で、当時26歳。1864年ごろ来日して白砂糖工場など薩摩藩の西洋建築工事に関わり、上野景範がその通訳をしていたこともあるというから五代らも見知っていた人物であろう。

In 1868, Meiji government decided to found the Imperial Mint in Osaka.  Godai Tomoatsu mediated a deal of mintage machinery between Japanese government and the Hong Kong Mint.

<参考文献>
造幣局のあゆみ編集委員会『造幣局のあゆみ 改訂版』2010年
日本経営史研究所編『五代友厚伝記資料 第四巻』1974年
藤野明「野に下った五代友厚 ー造幣寮と金銀分析所をめぐってー」『大阪の歴史18』1986
宮本又次『五代友厚伝』1980年

  Like