五代友厚 兵庫(足跡篇)
Godai Tomoatsu, Hyogo (Footprints)

神戸の西、兵庫津周辺を歩きました。五代友厚は、戊辰戦争の始まりでもある阿波沖海戦に居合わせたとき、兵庫浜本陣の小豆屋に止宿していました。

I walked around Hyogo-no-tsu, the west of Kobe.  Godai Tomoatsu was staying at the Azukiya inn when the Boshin war broke out.

2017年は、神戸開港150年ということで、神戸港にはたくさんのポスターや看板が掲げられていました。神戸開港は1868年1月1日ですから150周年にはまだ1年早いと思いますが、旧暦だと慶応3年12月7日ですから2017年でもいいのかもしれません。100周年のとき、1年早く祝ったからという説もあります。

神戸開港150年

開港時の様子を描いた絵がありました。今と違って松が生い茂り、ひと気があまり感じられません。

1868年開港当時の神戸港
1868年開港当時の神戸港 The Opening of Kobe Port, 1868

神戸海洋博物館に立ち寄ります。帆船の帆ような白いフレームが印象的です。向こうに見える赤い塔は、神戸ポートタワーです。

神戸海洋博物館
神戸海洋博物館 Kobe Maritime Museum
 館内に入るとすぐに、英国艦船ロドニー号の巨大模型が目に飛び込んできます。縮尺1/8スケールだそうです。

英国艦船ロドニー号
英国艦船ロドニー号の模型 A Model of the British Warship Rodney

ロドニー号は、神戸沖に碇泊していて、開港と同時に祝砲を放ちました。ほかにも英米仏から18隻が神戸に集結していました。開港を渋っていた日本に圧力をかけるため、沖からにらみを利かせていたとも言われています。

英国艦船ロドニー号
英国艦船ロドニー号の模型 A Model of the British Warship Rodney

展示室では、兵庫の浜本陣のあった場所が図で示されていました。現在の出在家町のあたりです。数字の2が薩摩藩が定宿としていた小豆屋、その隣りの3が長州藩などが利用していた繪屋です。

兵庫津の浜本陣
兵庫津の浜本陣 Hama-honjin (Subsidiary inns used by Daimyos during the Edo period)
観光丸の模型もありました。観光丸は、五代友厚が学んでいた長崎海軍伝習所の練習船です。その後、新・観光丸の名で復元され、今は長崎で乗船できるそうです。

観光丸の模型
観光丸 A Model of Kanko-maru
兵庫に移動します。JR元町駅から西へ一駅目が神戸駅、二駅目が兵庫駅です。兵庫の港は兵庫津とも呼ばれ、今の神戸港より南東の湾内にありました。古くは大輪田泊といっていました。

古代大輪田泊の石椋
古代大輪田泊の石椋 Owada-no-tomari Old Stone

古代大輪田泊の石椋

兵庫津には宿本陣とは別に、各藩と結びついた浜本陣がありました。今の出在家町付近です。薩摩藩が利用していたのは畠山助右衛門方小豆屋で、五代友厚もここに泊まっていました。浜本陣の遺構は、現在まったく残っていません。

出在家町親交青年会碑
浜本陣のあった出在家町付近 Near Dezaike-cho
出在家町付近の新川橋
出在家町付近の新川橋 Shinkawa Bridge near Dezaike-cho
新川橋からの眺め
出在家町付近

少し内陸に「兵庫津歴史館 岡方倶楽部」があります。この建物は、兵庫商人が地域の社交場として、昭和初期に建てたものだそうです。

兵庫津歴史館 岡方倶楽部
兵庫津歴史館 岡方倶楽部 Okagata Club

もともと岡方惣会所というお役所のあった場所です。岡方惣会所趾

岡方倶楽部の中に入ると、兵庫津の歴史が説明板などで詳しく紹介されています。

昔の海岸線を描いた地図がありました。兵庫から神戸にかけて、現在海岸のほとんどが埋立地となり、本来の海岸線が非常にわかりにくくなっていますが、これを見ると昔はどこまで海だったのかがよくわかります。小豆屋があったのは、黄色と赤色の線で囲まれた内側の付近です。

明治時代の兵庫・神戸海岸線
明治時代の兵庫・神戸海岸線 The Coastline of Hyogo & Kobe in the Meiji era

<住所>
神戸海洋博物館:神戸市中央区波止場町2−2
古代大輪田泊の石椋:神戸市兵庫区本町1-1−1
浜本陣のあった付近:神戸市兵庫区出在家町1丁目
兵庫津歴史館 岡方倶楽部:神戸市兵庫区本町2-3−33

  Like