五代友厚 五代秀堯(2)

小天地閣叢書「五代直左衛門惟宗秀尭」
小天地閣叢書「五代直左衛門惟宗秀尭」 Shoutenchikaku-sousho, Godai Hidetaka

西村天囚の小天地閣叢書に収められている五代友厚の父、秀堯の履歴を引き続き見ていきたい。

秀堯の子どもたちについては次のようにある。

二女 富 弘化元年甲辰二月八日死去 三十歳
嫡女 福 文政五年壬午十二月十二日死去 三歳 母
     隈元正左衛門女以下同
三女 槍 筿原伊平次妻
嫡子 競太 母本田七左衛門嫡女以下同 競太有二女
二男 宋次郎 天保四年七月某日死去 五歳
四女 □□ 天保五年 月 日死去 二歳
三男 才助
五女 信 祁答院仲右衛門妻

男三人現存二人女五人現存二人
都合八人現存四人

友厚(才助)には、姉が4人、兄が2人、妹が1人いたということになる。日付から判断するに二女と嫡女が逆のようでもあるが、一番上の姉は30歳、他3人の兄姉は幼くして亡くなり、三女広子(楯)、嫡男徳夫(競太)、三男友厚、五女信子の4人が残った。広子は先妻との子で友厚とはずいぶん年が離れているから、友厚が物心ついたころにはすでに嫁いで家を出ていたかもしれぬ。長男の徳夫と友厚は8つ以上年が離れており、あまり反りが合わなかったようだ。信子とは最もよく連絡を取り合い、その夫祁答院仲右衛門も鹿児島で友厚の事業に関係していた。

秀堯に関するいくつかのエピソードが記されている。

実母四本氏は秀堯に厳格な教育を施し、幼少の頃は素読のため未明より町田二郎九郎の所に行かせた。藤井助左衛門の所で数年性理学(儒学の一派)を研究し、また詩学も学んだ。

3人兄弟で姉と弟がおり、秀堯は陰ながら長年経済的援助をしていた。

文政10年(1827年)、安徳帝御潜幸に関する調査のため薩摩硫黄島へ渡海した。神器の真偽について調所氏も間に入ってやり取りがあったが、上様之御意に違背云々とあり、結局秀堯は御記録奉行に昇進して三種神器参考四巻を著述する。

安徳天皇は壇ノ浦の戦いに敗れ平氏とともに入水して命を絶ったとされるが、硫黄島へ逃げ延び余生を過ごしたという伝承があり、硫黄島には安徳天皇の墓も存在する。安徳天皇の末裔と言われる硫黄島の長浜家には「開けずの箱」が伝わるが、文政10年に島津斉興により派遣された薩摩の役人が、家人を遠ざけてこれを検閲したとされる。戦後になって学者立会いのもとこの箱を開けてみると、貴重な品故預り置くという内容の文書と漢鏡が入っていた。三種の神器のひとつ八咫鏡が入っていたところ、代わりの鏡と一枚の文書が入れられていたというわけである。

この宝鏡の召し上げに関わった薩摩の役人の一人は、つまり秀堯であったということになる。また、発見したとされる神器に関する報告書をまとめたのも秀堯であった。秀堯はこの後三国名勝図会の編纂に精力を注いでいたが、三国名勝図会の硫黄島の項に俊寛に関する記述はあっても、安徳天皇に関する記述はない。召し上げた宝鏡の所在もわからなくなっている。

三国名勝図会の編纂で秀堯は始終長詰、120ヶ都城のうち100ヶ都城を著述し、都合19年に及んでようやく成就した。この間にも藩に関わるさまざまな文書の作成にあたり、また以下の石碑の銘文を手がけた。

大信公神道碑銘、同碑陰記、揖宿捍海堤記、マエノハマ捍海堤記、仙巌江南竹記、仙巌喜鶴亭記、ゴマ所鐘銘、永安橋記、探勝園記など

秀堯には仏書をはじめとする大量の蔵書があった。これらは徳夫が引き継いだはずであるが、城ケ谷の五代邸は西南戦争の兵火で焼けてしまったから、秀堯の貴重な書物も一緒に焼失した可能性が高い。

<参考文献>
井上泰至 編『近世日本の歴史叙述と対外意識』「硫黄島の安徳天皇伝承と薩摩藩・島津斉興ー文政十年の「宝鏡」召し上げをめぐって / 鈴木彰 著」2016年
西村天囚輯『小天地閣叢書 乾集』「五代直左衛門惟宗秀尭」書写年不明

  いいね Like

五代友厚 五代秀堯(1)

小天地閣叢書「五代直左衛門惟宗秀尭」
小天地閣叢書「五代直左衛門惟宗秀尭」 Shoutenchikaku-sousho, Godai Hidetaka

西村天囚の小天地閣叢書に五代友厚の父、秀堯の履歴が収められていたのでその生涯を追ってみたい。元治元年 今藤惟宏題とあるから、没して約10年後に出されたものである。今藤惟宏(新左衛門)は、造士館でも教えていた薩摩藩の儒官で、秀堯や五代の兄徳夫(競太)の同僚にあたる。履歴自体は長男の徳夫がまとめたものであろう。

五代直左衛門惟宗秀尭
父休兵衛利起 母四本氏

寛政2年12月4日(1791年1月8日)誕生
寛政10年10月15日吉日五代熊太郎元服(9歳)
寛政11年10月17日休之丞に改名(10歳)
寛政12年9月26日実母四本氏死去(11歳)
文化4年正月29日(1807年3月7日)実父休兵衛利起死去(18歳)

秀堯はわずか11歳で母を、18歳で父を亡くしている。友厚が父秀堯を亡くしたのも、ほぼ同じ数えで19歳のときであった。

文化6年12月25日(1810年1月30日)直左衛門に改名(20歳)
文化12年7月中小姓にて江戸詰被仰付(26歳)
文政2年閏4月(1819年5月)まで江戸詰 都合5年

秀堯が20歳となり直左衛門に改名した文化6年は、島津斉興が襲封して第10代藩主となり、また島津斉彬が生まれた年である。秀堯は26歳から30歳までの5年間を江戸で過ごした。

文政2年4月御小姓江戸詰より伏見御仮屋守被仰付(30歳)
文政7年12月12日先妻隈元氏歿去(35歳)
文政8年まで伏見御仮屋守 都合7年

江戸詰から伏見の御仮屋守となり同所に7年勤めた。江戸から伏見に移る前の数ヶ月と文政5年の一時期は薩摩に戻っていたようだ。伏見にいる間に最初の妻を亡くしている。

文政8年7月29日御記録方添役被仰付御役(36歳)
文政8年7月晦日御記録方添役御役に付一代新番被仰付
文政9年名勝志再撰方総裁被仰付(37歳)
文政10年御用之儀有之硫黄岳并に竹岳黒島に渡海(38歳)
文政10年12月19日御記録奉行御役に付一代小番

36歳のときに伏見から薩摩へ戻り、御記録方添役となった。翌年『三国名勝図会』の再編纂を命じられ総裁を仰せつかった。文政10年(1827年)に硫黄島、竹島、黒島へ出張している。同年末に御記録奉行に昇進し一代小番となる。

天保十某年大信院様御碑文并碑陰記且御石碑
天保13年5月19日御使番格被仰付(53歳)
天保14年薩藩名勝志成就(54歳)

三国名勝図会の編纂に邁進するとともに、天保4年に逝去した島津重豪公の碑文や石碑にも取り掛かり、この完成には8年を要した。37歳で始めた三国名勝図会の編纂は、54歳でようやく成就した。友厚は天保6年生まれであるから、秀堯46歳の時の子である。

天保14年12月25日當御役にて助教勤被仰付
嘉永6年5月6日(1853年6月12日)御使番格助教勤中に死去(64歳)
法名 義聖院諦山智順居士
墓所 浄土宗不断光院候得共余地無之近境真言宗宝珠院に葬
号五峰山人又号雞口堂

三国名勝図会完成後は御使番格助教を11年間勤め、64歳で死去。
江戸や京都伏見に長く勤め、世界地図に魅かれた秀堯の開明的な面は友厚(才助)が引き継ぎ、三国名勝図会の編纂に携わるなど真摯に学問に取り組む姿は、同じ学者の道を歩んだ友厚の兄徳夫(競太)が引き継いだと言えよう。

<参考文献>
西村天囚輯『小天地閣叢書 乾集』「五代直左衛門惟宗秀尭」書写年不明

1 いいね Like

五代友厚 天和銅山と五條(足跡篇)

奈良の五條を訪れました。五條には五代友厚の経営する弘成館の出張所がありました。出張所の正確な場所は今のところわかりませんが、江戸から明治時代の町並みが残る新町と天誅組ゆかりの地を歩きました。出張所があったと考えられる明治4年(1871年)以降、五代が亡くなる明治18年の少し後までのあいだにすでに存在していた建物も数多く残っていました。

JR五条駅です。市名は五條市ですが、駅名は五条の字を使っています。
五條は大阪、和歌山と境を接し、いくつもの街道が交わる交通の要衝です。昔は吉野川の水運も重要な役割を果たしていました。

JR五条駅
JR五条駅 JR Gojou Station

高野、伊勢、河内、紀州への旧街道が交わる場所に古い道標が残っています。

道標 高野道
道標 高野道 Signpost Kouya Road
道標 伊勢道
道標 伊勢道 Signpost Ise Road

高野街道を南へ進むとナカコ将油という醤油蔵があります。明治10年創業だそうです。

ナカコ将油
ナカコ将油 Nakako Shouyu Shop

ナカコ将油の向かい側にある栗山家住宅は、慶長12年(1607年)築の国の重要文化財で、建築年代のわかる民家では日本最古ということです。現在も住居として使用しておられます。

栗山家住宅
栗山家住宅 1607年築 Kuriyama Family Residence

南側にもう一軒栗山家住宅があり、こちらは元禄9年(1696年)に建てられたもので市の指定文化財になっています。

栗山家住宅
栗山家住宅 1696年築 Kuriyama Family Residence

栗山家住宅のある新町口から新町通りに入り西へ少し進むと、山本本家酒造があります。宝永7年(1710年) の創業だそうです。

山本本家(酒蔵)
山本本家(酒蔵) Yamamoto Honke (Sake Brewery)

弘成館では、鉱山で働く職人たちのために「五条借宅旧造酒家にて」自前で造酒を試みようとしていました。「旧造酒家」がどこの酒蔵であったかはわかりませんが、江戸時代の五條は酒造りが盛んで、造酒業が10軒以上を数えた時もありました。

山本本家(酒蔵)
山本本家(酒蔵) Yamamoto Honke (Sake Brewery)
山本本家(酒蔵)
山本本家(酒蔵) Yamamoto Honke (Sake Brewery)

鉄屋橋を渡ったところにある古い建物は市口薬局です。享保元年(1716年)創業とのことです。新町はこうした江戸時代からの商家が今も軒を連ねています。

市口薬局
市口薬局 Ichiguchi Pharmacy

隣りの駐車場に書状集箱、つまりポストがありました。明治4年郵便創業当時の型を再現したもので、実際に集荷が行われています。ポストを初めて見た明治時代の人が、大切な手紙をポストに投函するには若干勇気が必要だったかもしれません。

書状集箱
書状集箱 Old Style Post

まちなみ伝承館です。明治から大正期の建築で、新町散策の拠点として2003年に改修されました。資料の展示やパンフレットの配布をしています。

まちなみ伝承館
まちなみ伝承館 Machinami Densho-kan

新町橋を渡ってしばらく歩くと新町松倉公園があります。町割を施工し、新町の礎を築いた松倉豊後守重政を顕彰する石碑が建てられています。

新町松倉公園
新町松倉公園 Shinmachi Matsukura Park
松倉豊後守重政之碑
松倉豊後守重政之碑 Monument to Matsukura Shigemasa

新町松倉公園の先に「右 おおかわ「ふなつきば跡」」の案内があります。

船着場跡
船着場跡 Old Place of River Landing Stage

大正時代の写真が壁にかかっていました。街道沿いには家がありますが、その他は田畑広がるのどかな景色です。

大正初期の五條
大正初期の五條 Old Photo of Gojou

吉野川です。和歌山へ入ると紀ノ川となり海へ注ぎます。天和銅山の銅はここから大阪へ運ばれました。新町は吉野川沿いにあり、通りのどこからでも吉野川の河原に出ることができます。

吉野川
吉野川 Yoshino River

うどん・そばの山直は創業明治15年とあります。元近鉄バッファローズの山口哲治投手の生家だそうです。

山直
山直(食事処) Yamanao

神田橋の手前にコンクリートの高架があります。建設途中だった五新鉄道の名残です。かつて五条駅と和歌山の新宮駅を結ぶ計画があり、昭和12年(1937年)に着工されたものの、社会情勢の変化により工事は中断され完成することはありませんでした。

幻の五新鉄道
幻の五新鉄道 Unfinished Goshin Railway
幻の五新鉄道
幻の五新鉄道 Unfinished Goshin Railway

江戸時代後期に建てられた五條市内最古の旅館です。五條村と二見村の間にあったことから、元は五二旅館という名でした。

山田旅館
山田旅館 Yamada Inn

新町通りから北に上がって国道24号に出ます。再び五条駅へ向かう途中に五條市立民俗資料館があります。「明治維新 発祥の地」という大きな看板が立っています。

明治維新発祥の地
明治維新発祥の地 Birthplace of the Meiji Restoration

資料館は五條代官所の長屋門だった建物です。文久3年(1863年)、現在の五條市役所にあった代官所が天誅組によって焼かれたため、幕府は翌年場所を変えてこの地に代官所を建て直しました。明治維新後は五條県庁に引き継がれ、明治10年に五條区裁判所となり、その後五條市が長屋門を譲り受けて資料館として整備したということです。

五條代官所跡 史跡公園概略
五條代官所跡 史跡公園概略 History of Gojou Magistrate’s Office

民俗資料館には天誅組に関する資料が多く展示されています。天誅組の変を倒幕、明治維新のさきがけとなる事象ととらえ、「明治維新 発祥の地」ということになったようです。天誅組は京都を発し、大阪の堺を経て、五條に到達しました。堺の旧港近くには、五代友厚が解決に尽力した堺事件の発生を記す「明治初年佛人撃攘之處」碑と「天誅組義士上陸蹟」碑が並び建っています。

天誅組行軍図 京都から五條へ
天誅組行軍図 京都から五條へ Map of Tenchu-gumi’s March from Kyoto to Gojou

文久3年8月17日(1863年9月29日)、五條代官所に討ち入った天誅組はその後追討軍に追われる身となり、本陣を天の辻に移しました。しかし、そこからも撤退を余儀なくされ、40日余りの戦闘の末東吉野村で壊滅しました。

天誅組行軍図
天誅組行軍図 Map of Tenchu-gumi’s March in Nara

五條裁判所付近の昔の写真です。五條文化博物館で見ることができます。

五条裁判所
五条裁判所 Gojou Court

次に、天誅組が焼き討ちにした最初の代官所跡を訪ねました。現在の五條市役所です。

五條代官所跡
五條代官所跡(五條市役所)Old Site of Gojou Magistrate’s Office (Gojou City Hall)
天誅組の変と五條代官所
天誅組の変と五條代官所 Tenchugumi Incident and Gojo Magistrate’s Office

昔の五條町役場の写真です。こちらも五條文化博物館で見ることができます。役所が置かれるこの場所は少し高台になっています。

五條町役場
五條町役場 Old Gojou City Hall

最後に櫻井寺を訪れました。天誅組が本陣とし、五條新政府を号した場所です。

櫻井寺
櫻井寺 Sakurai Temple

天誅組本陣跡の大きな石碑があります。櫻井寺は、最初に紹介した道標が建つ本陣交差点の南角にあります。

天誅組本陣跡
天誅組本陣跡 Old Site of Tenchu-gumi Headquarters
天誅組本陣跡
天誅組本陣跡 Old Site of Tenchu-gumi Headquarters

代官所で殺害した代官鈴木源内らの首をこの手水鉢で洗ったということです。

櫻井寺の手水鉢
櫻井寺の手水鉢 Chouzubachi at Sakurai Temple

<住所>
五條の道標:五條市五條1丁目1(本陣交差点)
栗山家住宅(1607年築):五條市五條1-2-8
栗山家住宅(1696年築):五條市五條1-3-8
ナカコ将油:五條市五條1-7-18
山本本家:五條市五條1-2-19
市口薬局:五條市本町2-6-2
書状集箱(寳満寺駐車場):五條市本町2-6-28
まちなみ伝承館:五條市本町2-7-1
新町松倉公園:五條市新町1-11-12
船着場跡:五條市新町1丁目11
山直:五條市新町1-11-9
五新鉄道跡:五條市新町1-11
山田旅館:五條市新町2-6-8
五條市立民俗資料館:五條市新町3-3-1
五條代官所跡(五條市役所):五條市本町1-1-1
櫻井寺:五條市須恵1-3-26

  いいね Like
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換