五代友厚 指宿と浜崎太平次(足跡篇)
Godai Tomoatsu, Ibusuki and Taheiji (Footprints)

鹿児島県指宿で濱崎太平次ゆかりの地を巡りました。濱崎家は薩摩藩の御用商人で、五代友厚らの渡英や、軍艦春日丸の購入などを援助したと言われています。

I visited Ibusuki, Kagoshima prefecture to see the places related to Hamasaki Taheiji, who was the wealthiest merchant in Satsuma Domain during the Edo period.

セントラルパーク指宿に向かいます。指宿駅の東側にある大きな公園で、指宿ビジターセンター(観光案内所)もあります。指宿はタバコ栽培が盛んだったところで、ここは元専売公社の土地でタバコ倉庫が建ち並んでいたそうです。

指宿ビジターセンター
指宿ビジターセンター Ibusuki Visitor Centre

セントラルパーク指宿の西側に小さな公園が隣接しています。この湊児童公園の一画に第8代濱崎太平次正房の墓があります。第8代太平次は濱崎家の中でも最も知られた人物で、黒糖輸送や琉球貿易などにより巨万の富を築き、調所笑左衛門広郷が行った薩摩藩の財政改革を支えました。

湊児童公園
湊児童公園 Minato Park
第八代濱崎太平次正房の墓案内板
第八代濱崎太平次正房の墓案内板 Explanation Board of Hamasaki Taheiji VIII’s Grave

大富豪の墓のイメージとは違い、一基のみひっそりと建っています。第8代濱崎太平次は、文久3年(1863年)、50歳のときに大阪で客死しました。薩英戦争の年です。遺骨はいったん大阪の西区にある竹林寺に密葬され、後に指宿に持ち帰り葬られたそうです。

第八代濱崎太平次正房の墓
第八代濱崎太平次正房の墓 Hamasaki Taheiji VIII’s Grave
第八代濱崎太平次正房の墓
第八代濱崎太平次正房の墓 Hamasaki Taheiji VIII’s Grave
第八代濱崎太平次正房の墓
第八代濱崎太平次正房の墓 Hamasaki Taheiji VIII’s Grave

濵崎家累代の墓はもともと湊南墓地にありましたが、湊南墓地は昭和30年に廃止され、濵崎家の墓は小田公苑墓地へ移設されました。しかし、第8代太平次の墓だけは生まれ育った湊地区に留めることとなり、湊南墓地廃止後に造られた湊児童公園の北隅に移設されたということです。

第八代濱崎太平次正房の墓案内板
第八代濱崎太平次正房の墓案内板 Explanation Board of Hamasaki Taheiji VIII’s Grave

近くに第8代濱崎太平次正房関係文化財マップも建っていました。ここに紹介されている場所を回ってみようと思います。

第八代濱崎太平次正房関係文化財マップ
第八代濱崎太平次正房関係文化財マップ Hamasaki Taheiji VIII Places

濱崎太平次の邸宅があった場所へ向かいます。セントラルパーク指宿と湊児童公園の間の道をまっすぐ北へ3ブロックほど歩いたところにNTT西日本があります。ここが濱崎太平次の屋敷跡です。

NTT西日本指宿
第八代濱崎太平次生誕の地 Birthplace of Hamasaki Taheiji

濱崎太平次の屋敷には、「御座間」と称する島津の殿様専用の部屋がありました。第5代太左衛門が自宅内に貴賓室を新築し、島津家の別荘としたものです。島津家と濱崎家の関係はこれを機に深まりました。

第八代濱崎太平次生誕の地
第八代濱崎太平次生誕の地 Birthplace of Hamasaki Taheiji
第八代濱崎太平次生誕の地碑
第八代濱崎太平次生誕の地碑 Memorial of Hamasaki Taheiji’s Birthplace

屋敷の西側には殿様専用の門があり、この通りを御本陣馬場と呼んで庶民の通行を固く禁じたといいます。モンブランと五代友厚もここに滞在させてもらっていたのでしょうか。

第八代濱崎太平次生誕の地
第八代濱崎太平次生誕の地 Birthplace of Hamasaki Taheiji

濱崎太平次の屋敷跡から海に至る道は、碁盤の目に整備されています。第6代太平次の時代に町割(区画整理)が行われたそうです。幕末になるとこの辺りにはヤマキの倉庫群が広がっていたと伝わっています。

指宿 地割
濱崎邸周辺 Near Hamasaki’s Residence

濱崎家の屋敷から一本東側(海側)の通りに、江戸時代から残るという白壁の蔵がありました。

山三の蔵
山三の蔵 A Storehouse of Yamasan

「山三」の屋号が見えます。サマサンはヤマキと同じく海運業を営んでいたそうです。

山三の蔵
山三の蔵 A Storehouse of Yamasan
山三の蔵
山三の蔵 A Storehouse of Yamasan

濱崎家の屋敷跡を北へ少し進んだところで鬼瓦に出会いました。第8代太平次の弟、彌兵衛の屋敷にあった鬼瓦です。ちなみに、第10代太平次は彌兵衛の息子です。まだ若かった9代目、10代目を支えたのは、この濱崎彌兵衛でした。

濱崎彌兵衛家の鬼面瓦
濱崎彌兵衛家の鬼面瓦 Onigawara, Hamasaki Yahee’s Residence
濱崎彌兵衛住居跡
濱崎彌兵衛住居跡 Old Site of Hamasaki Yahee’s Residence

ずいぶん古そうな祠と水路が残っています。水路の塀は、いわゆるたんたど石で鹿児島でよく見かける切石です。このあたりには、潟口から濱崎家の屋敷まで引かれていたと伝わる運河が、現在では細い水路として残されているそうです。

古い祠
古い祠 Old Small Shrine
水路
水路 Water Channel

次に指宿港へ向かいます。
根占は、鹿児島の東側、大隅半島にある町です。指宿から船で渡って根占へ行くことができます。

指宿港道標
指宿港道標 Signpost to Ibusuki Port

港の先端、海のそばまで行くと第8代濱崎太平次の大きな銅像がありました。ヤマキの船に乗り、錦江湾を船出して行く太平次が、「我がふるさと」を指さす姿をイメージしているそうです。

太平次が乗る船にはヤマキの屋号も見えます。

第八代濱崎太平次像
第八代濱崎太平次像 Statue of Hamasaki Taheiji VIII

銅像は、指宿の彫刻家木佐貫熙氏により作成され、平成9年7月に完成したそうです。鹿児島市の天保山公園にある調所笑左衛門広郷の銅像も同氏の作です。

第八代濱崎太平次像
第八代濱崎太平次像案内板 Statue of Hamasaki Taheiji VIII Explanation Board

石碑には「翁は常に時代の裏方に徹しながらも人材育成をすすめ、薩摩藩欧州留学生の派遣などに私心を捨てて尽力した」とあります。

第八代濱崎太平次像碑
第八代濱崎太平次像 Statue of Hamasaki Taheiji VIII

銅像そばの高台に「濱崎太平次銅像建立協賛者御芳名」という石碑がありました。川崎重工業の名も刻まれています。川崎重工業は川崎造船所がもとになっており、川崎造船所を興した川崎正蔵は、10代の頃から10年ほど、ヤマキの長崎支店で店員として働いていました。川崎正蔵が東京に築地造船所、兵庫に川崎造船所を開業するにあたっては、同じ薩摩藩の松方正義や五代友厚の強力な後ろ盾があったと言われています。

第八代濱崎太平次像碑
第八代濱崎太平次像 Statue of Hamasaki Taheiji VIII

港から少し北へ行くと稲荷神社があります。
この神社は、第5代濱崎太左衛門貞章が建立したと伝えられます。第5代太左衛門はたいへん信心深く、魚見岳の岩窟に私財を投じて風穴神社を建て、また、長井温泉には湯権現神社も創建しました。そもそも濱崎家の祖先は、国分正八幡・鹿児島神社(霧島市)の祠官といいますから、信心深いのも所以がないわけではないかもしれません。

稲荷神社
稲荷神社 Inari Shrine, Ibusuki

第10代太平次の父彌兵衛は、本宅として稲荷神社畔の一角に広大なる家を構えていたといいます。モンブランや五代友厚が滞在したのはこちらの屋敷だった可能性もあります。

稲荷神社の説明版がかかっている赤い柵に囲われているのはアコウの木です。このアコウの巨木は、指宿市の指定保存樹木になっています。

指宿稲荷神社のアコウ
指宿稲荷神社のアコウ Ficus Superba at Inari Shrine, Ibusuki
指宿稲荷神社のアコウ
指宿稲荷神社のアコウ Ficus Superba at Inari Shrine, Ibusuki
指定保存樹木アコウ
指宿稲荷神社のアコウ Preserved Trees “Ficus Superba”

神社の境内には、第8代濱崎太平次の大きな頌徳碑と紀功碑もありました。頌徳碑の除幕式は、太平次の七十年忌である昭和7年6月15日に行われ、遺族濱崎助次の娘で8歳のケイ子嬢の手により幕の絲は切って落とされ、揮毫は島津家第30代当主忠重公によるものだということです。

濱崎太平次頌徳碑
濱崎太平次頌徳碑 Monument of Hamasaki Taheiji

<住所>
第八代濱崎太平次正房之墓:指宿市湊2丁目4(湊児童公園内)
濱崎太平次の屋敷跡:指宿市湊2丁目19(NTT西日本)
山三の蔵:指宿市湊2-17-12
濱崎彌兵衛住居跡:指宿市湊2-24-20
第八代濱崎太平次像:指宿市湊3丁目(指宿港)
稲荷神社:指宿市湊4-17-1

  Like

五代友厚 指宿と浜崎太平次(2)
Godai Tomoatsu, Ibusuki and Taheiji (2)

第10代濱崎太平次
第10代濱崎太平次 Hamasaki Taheiji X

五代友厚は、慶応元年(1865年)の滞欧中にシャルル・ド・モンブラン(Charles de Montblanc)と合弁事業設立の条約を交わし、薩摩藩のパリ万国博覧会への出品も決めて、その手配をモンブランに委ねて帰国した。慶応3年4月に始まったパリ万博のため岩下方平ら薩摩藩使節団一行が渡仏したが、7月29日(1867年8月28日)にはモンブランと軍人、鉱山技師など8名の外国人を伴いマルセイユから帰国の途についた。五代は上海まで彼らを迎えに行き、9月22日(新暦10月19日)に長崎へ帰着している。

開港地長崎から外国人を連れ出す許可が長崎奉行河津祐邦から出ないまま、薩摩藩は11月8日(新暦12月3日)に外国人一行を春日丸に乗せて長崎を出航してしまう。春日丸は、元の名をキャンスー(Kiangsu)といい、英国で製造された高速の最新鋭艦であった。戊辰戦争を前に薩摩藩が16万両を出して新たに購入したのだが、資金が足りず、費用の半分は第10代濱崎太平次のヤマキから献金されたという。

鹿児島到着後、モンブランらは田ノ浦の清鏡院を寓居とした。モンブランが目論む軍制改革は機を逸しており、また薩摩藩は親英に傾きつつあり、モンブランは招かれざる客となっていた。間もなくモンブランは五代に伴われて指宿へ移り、濱崎太平次邸に逗留していたという。当時を知る故老の直話では、モンブランは巨躯で、広い敷布団で仰向けに大の字に寝るのが好きだったらしい。「あの和蘭(おらんだ)は仏蘭西の宮さんげなァ」とも言われていた。

慶応3年12月28日(1868年1月22日)、五代と新納久脩はモンブランを連れて開聞丸で兵庫に到着した。慶応4年1月3日(1868年1月27日)に鳥羽伏見の戦いが始まり、翌日には兵庫沖で阿波沖海戦が始まった。春日丸は幕府軍の開陽丸と激戦を繰り広げる。

Charles de Montblanc arrived in Nagasaki, Japan on 19th October 1867 and then moved to Kagoshima. Afterwards, Godai Tomoatsu and Montblanc were staying at Hamasaki Taheiji’s Residence in Ibusuki for a while.

<参考文献>
公爵島津家編輯所『薩藩海軍史(下巻)』1928‐29年
白井智子「幕末期の薩摩藩とお雇い外国人鉱山技師ージャン=フランソワ・コワニェの来日に関する新情報ー」『神戸大学国際文化学研究推進センター 2018年度研究報告書』2019年
浜崎太平次顕彰会編『濱崎太平次傳』1935年
宮永孝「ベルギー貴族モンブラン伯と日本人」『法政大学 社会志林 47巻2号』2000年

  Like

五代友厚 指宿と浜崎太平次(1)
Godai Tomoatsu, Ibusuki and Taheiji (1)

指宿(日本輿地路程全図 弘化元年)
指宿(日本輿地路程全図 弘化元年)

幕末の雄藩、薩摩藩の財政は、指宿の豪商濱崎家による献金に一再ならず支えられていた。濱崎家の家業は海運業で、屋号をヤマキといった。初代は17世紀半ばに指宿に移り住み、第5代の頃には九州一の富豪となって島津家との関係も深まる。その後、家業が傾きかけたところを第8代太平次正房が立て直し、明治に入って10代目まで続いた。

世に知られる第8代太平次は、文化11年(1814年)の生まれで、黒糖輸送や琉球貿易などにより巨万の富を築いた。家老調所笑左衛門広郷が文政11年(1828年)に島津重豪から命じられた財政改革を助け、藩の後ろ盾を得る一方、太平次もまた藩のために私財を投じるなどよく支えた。

この頃、五代友厚は長崎に遊学していたが、ヤマキの長崎支店は西浜町にあって薩摩藩邸にほぼ隣接し、山田屋を名乗っていた。8代目は文久3年(1863年)に大阪で客死。遺骸は西区梅本町の竹林寺に密葬され、後に指宿に持ち帰ったという。大阪では西区立売堀北通六町目に店を構えていたというから、こちらも薩摩藩下屋敷とは目と鼻の先であった。

第9代太平次政太郎は、弘化2年(1845年)生まれで、18歳のときに父太平次と別れ、わずか21歳で歿した。元治2年(1865年)、五代友厚や寺島宗則を含む薩摩藩士ら19名の留学に際し巨額の渡英費を献納し、これをもって留学が実現したと言われている。また、同年薩摩藩がグラバー商会(Glover & Co.)を介してライフル銃などを購入した際、長崎支店が一時立て替えをした記録などが残っている。

Hamasaki Taheiji was the wealthiest merchant in Kagoshima and the trading name was called Yamaki. Hamasaki often offered financial support for Satsuma Domain and when 19 Satsuma students including Godai Tomoatsu travelled to Europe in 1865, Hamasaki donated a large sum of money for their travel expenses.

<参考文献>
浜崎太平次顕彰会編『濱崎太平次傳』1935年

  Like